« 1977 梅小路 | トップページ | 上田原(上田交通)ほか 1978/12/30 »

2009年8月 9日 (日)

下之郷(上田交通) 1978/8/14

このブログとしてはめずらしく私鉄の駅です。
今は車両基地が設けられている駅ですが、当時は単なる中間駅であり、さらにさかのぼると昔は分岐駅だったところです。

19780814a09
別所温泉方からです。一見交換可能なように見えますが、

19780814a10
これでは電車は通れませんね。
昔は交換可能だったと思われ、ホームへはホーム端の階段を通っていたと思うのですが、何でこれを使わずに線路上をまたぐ通路を作ったんでしょうか。

19780814a11
かつては西丸子線が分岐していました。
これはそのホーム?

19780814a12
一応本屋なのでしょうか。

19780814a14
昔ののりば案内です。廃止されたのはこの時点から15年前です。

以下は6年後の1984年8月8日撮影です。

19840808a07
上田方です。

19840808a08
上田方からです。

19840808a05
通路は撤去され、交換設備が復活しました。

19840808a01

19840808a06
残念ながら本屋は取り壊されてしまいましたが、西丸子線のホームと上屋は残っています。

19840808a09
上田行きの電車がやってきました。
クハは元東急5000系のサハですが、それにしてもこのアンバランスは・・・・・。

19840808a12
電車の交換です。

さらに時が経って、2009年8月9日、つまり今日の下之郷駅です。

P1010429
上田方です。
信号機が2本に増えました。

P1010430
交換設備の復活に次いで、車庫が移転されてきました。

P1010431

P1010426

P1010427
ホーム上に事務所があるため、その部分の通路は狭いです。

P1010428
別所温泉方です。

P1010432
西丸子線ホームはまだ残っています。
上屋は改修されたものでしょうか、それとも昔のものに似せた新築?

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 1977 梅小路 | トップページ | 上田原(上田交通)ほか 1978/12/30 »

コメント

その後を精力的に訪問されている、f54560zgさんのブログに訪問させていただいていることを、安心感と共に嬉しく思います。 私はよく、過去の訪問先の敷地を離れる時、「いつか必ずまた来るぞ」と心に近い(誓いではなさそうです)ながら、次の訪問先への迫る列車時刻にその場を急いで後にしたものでした。 しかし実現出来たのはほんの一握りで、その後をこの目でまだ見ぬ場所ばかりです。 当時、安易に再訪を考え、また再訪の動機付けをしたくて「ここは次回に写せばいい‥」などと不運の種蒔きをしていたようです…。 思わず今日の日付を再確認してしまったE10+C54‥でした。

E10さん、私も再訪できているのはほんの一握りです。私の場合、ごちゃごちゃした線路を見るのが好きなものですから、貨物扱いが廃止されて側線が撤去された姿は、むしろ積極的には見たくない、という思いもあって・・・・。
まあ、それも現実ですから、それはそれで受け入れないといけませんね。

 上田交通がまだ上田丸子電鉄時代に上田を中心に各方面に路線を伸ばしておりましたが其々別々の会社が戦時合併で一つの会社になった関係で路線の連絡や車両規格の違い電圧の違い等で車両のバラエティーは多種多様でした 下之郷から分岐していた西丸子線は上田丸子の路線としては可也低規格だったのか目黒蒲田電鉄の開業時に使用していたモハ1形を譲り受けて廃線になるまで運用してました 終点の西丸子駅は丸子線の丸子駅とは離れた所にあったとの話です 下之郷の各時代毎の変化は目を見張るものです 地方の私鉄が如何に生き残ろうと努力しておる姿は涙ぐましく思います

yyoshikawaさん、おっしゃる通り上田を中心に各方面に伸びていた線路でしたが、今では別所温泉方面のみとなってしまいました。これだけは何とか生き残ってほしいですね。

コメントをさせていただくようになった初期の頃、こんなしおらしいコメントもしていたのだなと、歳月の早さも実感している今日この頃です。
本項目のリアルタイムな記事に驚嘆しての私の前出コメントだったようですが、上田交通は古い趣味誌でも記事を見かけていて、次の信州訪問時には沿線風景を堪能してみたい路線です。
先日、さまざまな終焉を含んだ山口線のSL重連運転列車に乗車して来ました。
津和野駅から帰りの上り列車で偶然隣り合わせた乗客が、新進気鋭の紀行ユーチューバーの スーツ さんで、乗車日の数日後には既にその時の車窓風景などがYouTubeにアップされていて、ネット時代を再認識させられました。
この スーツ さん、数ヶ月間に渡り全国あちらこちらを取材中で、まさに 気力体力時の運 を体感中のようです。
YouTube スーツ で検索するとすぐにYouTube記事が出て来ます。因みに、山口線の帰りの記事で、車窓からの映像の隣の席に座っていたのが私で、映像を見ながら良い意味でのなんとも奇っ怪な気分を感じました。

地方の私鉄には戦時統合で有る程度の規模の私鉄に昇格した路線が有り 三社が合併した上田丸子もそんな私鉄の一つでした そんな関係で北へ向かう上田線 丸子町へ行く丸子線 別所温泉に行く別所線 との間には関連性が無く車輛の移動は国鉄線を介せねばなりませんでした 更には電圧の違い 路線状況の違いで車輛も千差万別でした
同じ様な状況の私鉄には山形交通 福島交通 茨木交通 常総筑波鉄道 鹿島参宮鉄道 上田丸子電鉄 富山地方鉄道 北陸鉄道 静岡鉄道 三重交通 大分交通等が主でした 富山地方鉄道以外は大なり小なり上田丸子と同じで各線別々の車輌中にはゲージが違ったり鉄道線と軌道線が有ったり趣味的には楽しかったが現在は大半が時勢の変化で廃止されてしまいました 上田交通もそんな地方の私鉄ですが東急の御下がりを貰い近代化され少しでも存続する努力は大事ですね 

E10さん、動画拝見しました。そうですか、このカメラの隣にE10さんがいらしたわけですね。確かに不思議な気分になりますよね。
yyoshikawaさん、地方私鉄にとっては厳しい情勢ですが、今後も頑張ってほしいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/45876865

この記事へのトラックバック一覧です: 下之郷(上田交通) 1978/8/14:

« 1977 梅小路 | トップページ | 上田原(上田交通)ほか 1978/12/30 »

過去の記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ