« 1977 西ノ宮・茨木 | トップページ | 下之郷(上田交通) 1978/8/14 »

2009年8月 8日 (土)

1977 梅小路

Photo

梅小路駅については1992年当時のものを一度記事にしているのですが、写真がないので記事にするのをためらっていた1977年頃の配線図を、やっぱり記事にしちゃいました。

田端操、尾久と並んで最も「大変だった駅」にランクされます。
私自身にとっては苦労でも何でもないのですが、関係する方々に多大なご迷惑をおかけしたのではないかという申し訳なさが「大変だった」と感じるところです。

左上から右のほうに下がってくる2本の線路の1本が京都市場駅につながっているのではないかと思います。
「大宮北」「大宮南」などという線路名称には風情を感じてしまいます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 1977 西ノ宮・茨木 | トップページ | 下之郷(上田交通) 1978/8/14 »

コメント

梅小路操車場は東海道本線が繋がった20年後の、M44・2に開設された極めて古い貨物施設で、同時に常に東隣の京都駅との関連が付きまといます。次の大正前期に設けられた貨物操車場はハンプを擁した品川操(旧)と田端操ですが、山手線を介する、言わばスイッチバックの操車場で滞留貨車が多くあったと思え、直ちにスルーの構造を昭和初期に要請されたと思われます。さて掲げておられる図は、コンテナ用貨物駅になる前の図で、仔細を眺めた限りにおいて完全に正確であると言って良いと思いますし、よって極めて貴重でしょう。まあ以前記した一瞥しただけでは了解できない図はこれで、上り着線側と貨物駅側・貨車区、並びに梅小路機関区線のあり様が混み合っており(複雑交叉点!)、瞬時に合点がいかなかった図です。上り着線群は自体短く機能し得たのか疑問を持ち得、上り出発線群への通路区間は混み合っており、西側引き上げ線は確保されていないようで、しかも短く、結局京都駅側の東側引き上げ線だけが上り貨物の仕訳に使用されたのではないか、しかし短いような。山陰線関係は問題ないのですが、矢張り短い西側扱いのようで、また西側の上り着線群は区間内の小貨物車の到着や通路に使われたのかもしれません。例えば、草津~鷹取操車間に於いて貨物は外側線を余儀なくされ、反対方向は鷹取・吹田・梅小路に送られて初めて上下の転換を図る形で編成されたような。京阪神の複々線区間故の難儀な点で、その残滓が草津駅のオーバークロスの付帯設備です。もう少し古い図を見ると、北側では山陰本線と、デルタをなす貨物短絡線及び梅小路機関庫から伸びる三線が一線に扼され、地平で京都では大きな東西道である七条通りを交差する構造だったと判断できます。掲げておられる図では丹波口駅が既に高架化されており、地平の京都市場駅への連絡線だったと思えます。因みに同市場駅の開業は昭和51年ですから、かつては京都市場は丹波口駅扱いだったのでしょう。さらに南側の下りについては着発・仕訳線とも短く、加えて別個東側にゼブラ状の仕分線が並んでいたようです。結果的に上りの仕訳線や給炭・機待ち線をつぶして上り出発線群を設置し、下りの着発線・仕訳線の伸延化を図ったのであろうと思われ、それが結果的に東側に向いた上り仕訳線群に表れているのでしょう。結果一層混雑交叉点に理解に苦しむ形になったのであろうと思いますし、後年向日町操車場になり得る用地を確保する必要に迫られていたのでしょう…夕方京都駅まで徒歩で向かう途中の塩小路の貨物駅の寂寞感は、現今の貨タになった貨物駅とは質量共に違っていたことは確かです…何卒長文ですが、要を得ない寸足らずのコメントにて御容赦下さい。

SYさん、なにぶんにもここも少なくとも「孫コピー」なので、「原本」に比べると相当「画質」が劣化していると思われます、すみません。
コンテナ貨物対応の駅になってずいぶんと変わってしまったのでしょうが、「ひょっとしたら廃止されちゃうかも」とも思っていましたのでちょっと安心ですね。

はじめまして。

現在は梅小路駅の近所の住人です。
京都市場駅は丹波口駅高架後、梅小路駅から分岐する京都市場駅として独立したのですね?
てっきり、梅小路駅の側線かと思っていました。

ちなみに、現在、下京区役所1階ロビーに昔の写真が展示されているのですが、国鉄山陰本線の下をくぐる京都市電(山陰本線と七条通が平面交差する地点)の写真も見られます。

すみもとさん、はじめまして。うらやましいところにお住まいですね。
京都市場駅についてはおっしゃるとおりですが、おそらく貨車の出入りは列車としての発着ではなく入換作業であったと思われますので、見た目には梅小路の側線となんら変わらないものであったと思います。
写真、見たいですがちょっと無理かなぁ・・・。

ぼんやり京都の鳥瞰図をさがいてところ
http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/yoshida-t.html
にて、梅小路駅を中心においた錦絵風の鳥瞰図を見付けました。駅内を入換えする蒸機が何故か可愛いような…

SYさん、なかなかおもしろい絵ですね、妙にリアルなところが。
これだけの絵を描くにはそれなりに梅小路駅の線路配線を調べないと描けないですよね。

【梅小路】 SYさんのコメントに、まだ健脚だった頃に初めて一人で梅小路機関車館を訪れた時、京都駅から出来るだけ線路沿いに梅小路を目指したら日通倉庫の線路群に行き着いたことを思い出したような‥。 梅小路機関区に関しては、現刊の豪華本など詳細な情報も豊富で主体設備が現存していますね。隆盛を誇った時代から観光施設となりましたが、これも梅小路の宿命だったのでしょうか。 施設場所選定時に後述されている小山との天秤となり、当時の関東のSLファンは落胆されたそうな‥。 今の梅小路は煙りは少なくとも豪華な顔触れに逢いたくなり何度も脚を運んでしまいます(近江長岡参照)。 ただ改装前の旧機関区時代の雰囲気を醸し出していた姿が無くなってしまったのが少し残念です。 あの木造事務所の体感こそ機関区に脚を踏み入れる第一歩であり、現役時代のSLの姿を求め全国を旅したであろう諸先輩方の経験されたことが過去の物となってしまったことは、機関区が機関車館となってしまった証なのでしょうか。  改装前のある日、注目のデルタ線に以前繋がっていたラウンドハウス後方へ延びた展示運転線での出来事。館長さんがC612の機関士さんとの掛け合いで、ハンドマイク片手に熱心にSLの構造などを説明されていた姿を思い起こされます。今日も来館して良かった‥そんな気持ちで帰路についたその日でした。  人間味あふれたSLが廃止されて久しくなりましたが、梅小路の今のSL達に人間味を求めるのは酷と言うものなのでしょうか‥。  もう少し紙面を頂けるなら、開館後早期にカマの火を落としたSLの象徴D51のトップナンバーにカマの火を絶やさず生き残ってもらい、京都-鳥取間に流麗なるその姿を食堂車やグリーン車を連結した旧客10系編成と共に現し、山陰観光へのいざない役として活躍し続けてほしかったです…。  名門中の名門、梅小路機関区。その言葉の響きは、かろうじて火の入ったSL達のドラフトの響きと共に永遠に残って欲しいものです……

おっしゃるとおり、計画段階では小山も候補でしたね。三角地帯の内側、と言う点では同じですね(笑)。
機関区には大小の建屋や細々とした諸設備がありましたから、機関車や機関庫だけではどうしても機関区の雰囲気を味わうのは難しいですね。
当初はいっぱいいた動態保存車もいつの間にか静態保存車ばっかりになってしまいましたから、せめて今残っている動態保存車にはいつまでも生き残ってほしいですね。

青春18きっぷの余りが有ったので本日、梅小路に行って来ました。
特に期待することもなく、ただ昨年の訪問時は修繕中だった明治の古典機 1080号がまともに見れるぐらいの気持ちで入館してみました。
早速にラウンドハウスを覗いてみますと、なにやらいつもと違って庫内がガランとしてます。
扇形庫の中ほどに 1080号がポツンとたたずんでいます。
庫外に眼を移すと、いつも仲良く庫内で顔を揃えていた 9633号と C1164号が C612号と D51200号と並んで千鳥線に引き出されています。
これは珍しい光景だと、職員の方に尋ねてみると、梅小路蒸気機関車館のホームページでもアナウンスされていますが、明日の4月10日に英国鉄道博物館との姉妹提携10周年記念式典が庫内で開催されるスペースのため、今朝に車両を庫外に出したそうです。
また。南側の展示線には、いつもは スワローエンゼルC622号と C621号の重連ですか、先月に D511号も連結され、三重連となっています。
あと、SLスチーム号は 8630号が就いており、運転終了後は検修線に収容されていて、SL達が構内各所に散らばっていて、まるで往年の機関区風景のようです。
なお、式典終了後は、9633号と C1164号は来週早々に庫内にしまわれるそうです。
また、検修線内にはボイラー修繕中の、山口線用 C571号の各種パーツが分解されて置いてあり、こちらも見応えのある風景です。
ですので、現在山口線のSLやまぐち号は C56160号が務めているようですね。
たった数日間ですが、梅小路では滅多に見られない光景のようです。

それから、帰りの車窓から吹田ヤード跡に設置中の新しい貨物ヤードが見えました。
吹田ヤードの象徴的な建物だったパンプ近くのヤード事務所は解体されて無くなり、新しい事務所が既に建てられていました。
余談ですが、往復の車中や梅小路にいる時、貨物列車を見る機会が有りました。
EF65の原色1000番台を見るに、はっ!とし、0番台の更新色やEF81の500番台でさえ注目してしまいます。
EF210やEF510が当たり前のようになって来て、我々の中では二度目から三度目の世代交代が確実に進んでいるようです。

いづれ、T.Mさんシリーズが関西にも押し寄せて来ることを期待して、帰りの車内から拙いリポートでした。

E10さんのSLに対する熱い想いのこもったレポートありがとうございます。それも帰りの車内から。
普段は庫内にいるSL達にとっては久々の転車台だったのでしょうか。
今でも吹田近辺で見られる貨物用電機はEF60、EF65(0番台)、EF66、EF81、それにEH10だけなんです、私の中では。
EF210?EF510?う~~ん、よくわからない・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/45867215

この記事へのトラックバック一覧です: 1977 梅小路:

« 1977 西ノ宮・茨木 | トップページ | 下之郷(上田交通) 1978/8/14 »

過去の記事

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ