« 宝積寺 1986/4/20 | トップページ | 鶴田 2002/6/30 »

2009年6月29日 (月)

烏山 1985/11/23

烏山線の終点です。
たしかその昔、行き先不明のミステリー列車の終点だったような・・・。

19851123b03
宝積寺方からです。
茂木駅はいかにも終端駅っぽい線路配線でしたが、烏山駅はどちらかといえば中間駅っぽい配線です。延長の計画があったのでしょうか。

19851123b02
右に分岐する線路は何でしょう?
貨物の積卸設備は終端側にありますので、専用線でもあったのでしょうか。

19851123b04
線路が光っていますので、本屋と反対側のホームも使用されているようです。

19851123b01
宝積寺方です。
真岡駅や茂木駅は機械連動でしたが、烏山駅は継電化されているようです。

19851123b05
終端側です。ついこの間まで使用されていたかのような貨物側線です。

19851123b06
終端側からです。

19851123b11
終端側からです。

19851123b10
終端側です。

19851123b09
終端側からです。
このあたりもレールが光っています。ここまで車両が入ってくるんですね。

19851123b08
終端側からです。さすがにこのあたりは使用されてる気配はなく、

19851123b07
その先は烏山線の終端になっています。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 宝積寺 1986/4/20 | トップページ | 鶴田 2002/6/30 »

コメント

昭和55年3月現在の線路図では右側へ分岐している線路は突込線と記載されています。
又昭和44年3月時点の線路図によりますとその頃の連動装置は第2種機械丙だったようです。

昭和33年、昭和44年、昭和55年・・・・。
ゾロ目ですね・・・。
T.Mさんはとてつもなく貴重な資料をお持ちのようですね・・・。

烏山駅の線路の終端をキチンと記録されている方がやっぱりいましたねぇ。
この終端は本当になかなかいい雰囲気でした。
今ではもっと手前でバッサリ(泣)

フッフッフッ、LUNさんの独り占めにはさせません(笑)。今でもホームは2本もあるんでしょうか。

 烏山線や真岡線には、当然の如く?「延伸計画」や「つながる予定だった」的な話がいくつかあります。
 元々、真岡線は延伸先の途中(市塙だったかな?)で分岐して、烏山方面を経て宇都宮方面まで延ばす予定だったとか(つまり、真岡線と烏山線がくっつく可能性があったわけです;戦前当時の話ですが)。その後、水郡線の常陸大子までの延伸計画が出来るも、戦時中の国政事情により頓挫...。
 尤も、水戸線や水郡線が存在する現行の条件下では、机上の夢物語に終わりそうですけどね...。

例ビッグなどさん、盲腸線の多くには将来的な延伸計画といった「神話」がありますよね。国鉄やJRがあきらめても、第3セクターになってから開通したような例もありますから、烏山・真岡線もがんばって・・・・、って、無理ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/45490594

この記事へのトラックバック一覧です: 烏山 1985/11/23:

« 宝積寺 1986/4/20 | トップページ | 鶴田 2002/6/30 »

過去の記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ