« 2001門司1 | トップページ | 2001東小倉 »

2009年5月27日 (水)

2001門司2

今回は門司駅の鹿児島よりの部分を。
廃墟と見間違うような風景の写真が続きます。個人的にはこういう味のある建造物は好きなのですが、活気がある頃に来たかったですね。

20010401c40
鹿児島方です。3番線です。

20010401c41
その先です。

20010401c43
鹿児島方からです。2番線です。

20010401c36
鹿児島方です。4番線です。

20010401c38
その先です。

20010401c39
鹿児島方からです。4番線です。

20010401c35
鹿児島方です。5番線です。
貨物線が坂道を下って行きます。

20010401c37
貨物線の交直セクションはこの位置に設けられています。

20010401c31
鹿児島方です。8番線です。

20010401c32
その先です。

20010401c33
さらにその先です。

20010401c34
鹿児島方からです。8・9番線です。

20010401c30
鹿児島方です。10番線です。

20010401c29
その先です。

20010401c16
高台から門司駅全景です。

20010401c15
上の写真の手前側です。操車場はなくなり、北九州貨物ターミナルの整備が進んでいます。 いずれ門司駅のほうも近代的な整備がされてしまうのでしょうか。
門司駅から歩いてここまで来たわけですが、正直ヒザがガクガクになりました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 2001門司1 | トップページ | 2001東小倉 »

コメント

昭和25年3月版と記された、小生が有している門司操車場略図を見ると、関門トンネルが直流電化で開通したため、電化部分を実線でなく波線で描いています。例えば海側上り着発線1~7線は中途で実線から波線に変わったり、機待線も蒸機用は実線、電機用は波線といった具合です。お写真の荷物線に関しても山側下り線用第1・2ホームは波線で、第3ホームは実線です。無論図上には扇形庫も電機庫も記され、トンネルを往来する列車の機関車交換の、いわば心臓部であったことが容易に読み取れます。この駅自体も大方交流化され、EF30等の交直機・交流機を有する区になりました。
偉容を誇っていたその扇形庫の姿は今はなく、第4ホームも。

門操の配線が良くわからなくて困っています。
ぜひ拝見したいですね。
ホームも一面廃止されたのですか。そうだろうなぁ、と妙に納得してしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/45147232

この記事へのトラックバック一覧です: 2001門司2:

« 2001門司1 | トップページ | 2001東小倉 »

過去の記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ