« 1992梅田の信号機 | トップページ | 1992天王寺2 »

2009年5月 2日 (土)

1992天王寺1

Photo

大阪環状線に関西線・阪和線、それらを結ぶ連絡線が趣味的には興味をそそります。
阪和線の客車列車、臨港線の貨物列車、環状線~関西線~阪和線の特急など、列車の種類の多さも魅力でした。

19920510d01
地平の1番線です。

19920510d02
3枝分岐がありました。

19770311g03
これは1977年です。廃車の旧国が留置されていました。

19920510d03
2番線です。

19920510d04
3番線です。

19770313d01
これは1977年です。

19920510d05

19920510d06
5番線です。

19920510d07
6番線です。

19920510d08
7番線です。

19920510d09
要注意なのはほぼ中央に見える停止現示の信号機。用途がよくわかりません。単行出発用?

19920510d10
8番線です。

19920510d11

19920510d12
かつての南海天王寺支線です。

19920510d13
まだホームの残骸が残っていました。
天王寺支線は少し先の暗闇のところから発着していたようです。

19920510d14

19760328a02
1976年です。
阪和線ホーム上に跨線橋かテルファがあります。
関西線のホームもさびれた雰囲気です。

19780311c01

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 1992梅田の信号機 | トップページ | 1992天王寺2 »

コメント

天王寺駅の阪和線-環状線の連絡線が秀逸でした。あの坂を臨時列車で通ってみたかったですね。
後年できた連絡線は、どうも味気なくて・・・

上野駅にも高架と地平を結ぶ連絡線がありましたね。線路は撤去されても、しばらく残骸が残っていましたが、今はどうなっているのでしょうか。

阪和連絡線が図のように作られ、さらに上り方にも連絡線が造られ一層構造上すっきりした同駅ですが、かつて関西線が電化された際快速の運用ダイヤを描いてみたところ、4番線から環状折返し線へ引上げ大阪駅方へ各停運用を始めるのに気付かされました。3枝分岐線のある3線は当初からある阪和貨物授受で同様に4番線を使います。配給電車等もここを使い、よって電車の向きを指定しておりました。昔は南海方とも同駅で貨物授受を行い、新今宮駅が出来る迄同駅が南海の乗換駅でした。近代的構造の中の古くて生命線とも言えた授受・連絡坂です。 あのぉ、上野駅の連絡線ってどれを指すのでしょうか?

4番線を使用しての関西線電車の転線や高架・地平の連絡線の使われかたなどは神秘的な魅力がありましたね。
上野の連絡線の遺構は、常磐線の電車の西側(山手線側)の車窓からよく眺めました。上野を出て地平からの複線をまたぐと、高架からは下りの、地平からは上りの線路敷が残されていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/44870903

この記事へのトラックバック一覧です: 1992天王寺1:

« 1992梅田の信号機 | トップページ | 1992天王寺2 »

過去の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ