« 敦賀第一機関区 1979/10/2 | トップページ | 津幡 1979/10/3 »

2009年1月31日 (土)

城端 1979/10/3

高岡-(321D)→城端7:22着/8:35発-(326レ)→高岡

321Dはキハ45519、326レはオハユニ61130に乗車しました。

19791003

どこかで見た配線図ですね。
それはさておき、城端線の終点です。
本線は、何故かの「上り」本線のほか、下り1番線、上り1番線の3本がありますが、上り1番線は出発専用で到着はできません。
貨物扱いはすでに廃止されていましたが、どこで貨物の積卸をしていたのでしょうか。

19791003a13
高岡方からです。
まず最初に転車台への側線が分岐しています。

19791003a11
高岡方からです。
次に下り1番線が分岐します。普通は逆ですね。

19791003a10
高岡方からです。

19791003a14
上り1番線です。ここから出発する列車があるのでしょうか。
もともとは貨物側線のようにも見え、このホームから旅客が乗降するようには思えないのですが・・・・。単行機関車の出発用?

19791003a16
高岡方です。

19791003a05
高岡方です。

19791003a06
高岡方からです。

19791003a03
終端側からです。
白い屋根が信号扱所です。

1979100301
城端線の終端です。

19791003a01_2

19791003a02
右側にホームらしき遺構があります。貨物ホームの跡でしょうか。

19791003a15
お約束の転車台です。小さな車庫もあります。

19791003a09
高岡方です。

19791003a04
車庫の裏側です。

19791003a18

19791003a19
323レが到着しました。

19791003a20
すぐさま機関車が切り離されます。

19791003a21
機回し中です。折り返し326レとなります。
この当時城端線には5往復の客車列車が設定されていました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 敦賀第一機関区 1979/10/2 | トップページ | 津幡 1979/10/3 »

コメント

私が巡礼たときも、ほとんどこの線路の状態でした。
線路配線が美しい終着駅のベスト3には入りますね。駅舎もキレイでした。

転車台と車庫があって、客車列車が運転されていて、これで貨物扱いが行なわれていたら文句なしですね。

はじめてカキコします
城端ではすでに貨物扱いは廃止になってた様ですが、二つ先の福光で貨物扱いがあったと思います
確か某ビールメーカーの問屋があった関係で鉄道貨物でビールを仕入れていたと思います。

南砺さん、いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
ということは、終点城端の2つ手前までは貨物列車が走っていたんですね。
だったらいっそのこと終点まで走らせてくれたらよかったのに・・・。

こんばんは、今年の7月に城端を訪れた際、転車台の遺構が残っていたので記事にしてみました
30年で変わったものと変わって無いものの比較も楽しいですね
またご覧いただければ幸いです
また懲りずにTB飛ばしてみましたが、fc2からココログは相性が悪いそうです

oomatipalkさん、コメントありがとうございます。
TBは届いてました。ただ、公開保留状態になっていました(気づきませんですみません)。普通はそのまま公開されるんですが(矢口真里とか、そんなのでさえスルーしてくるのに・・・)。

 写真から推測しますに上り1番は元々貨物扱い線であったのでは 然も脇の山田農協倉庫の位置が微妙な方向に向いてますひょっと以前は農協倉庫脇に側線が通じていたのではと思うのですが如何でしょう

yyoshikawaさん、そうですよね、貨物扱い設備はそのあたりに設けられるのが一般的ですね。

今年の深夜枠でサクラクエストと云うアニメが有りました最近のアニメは一応現地取材するので可也現実感が有ります
さてサクラクエストの第一話でとある終着駅が描かれていました其の画面を見てアレと思いました見た様な風景でした 線路の終端に民家が描かれ機廻し線も描かれてました
で貴下の城端駅の終端部の写真を思い出し改めて見ると略同じでした

本項の記事がアニメーターの素材になるとはビックリです。
我々の世代でのノスタルジーは1960年代辺りなのでしょうが、現今のクリエーターならバブル期か昭和50年代なのでしょうか。
子供の頃に、交通の図鑑という本を母から買い与えられ、食い入るように毎日見ていた時期がありました。
ページ内に機関区の風景ページがあり、その光景がどの場所なのか当時からがずっと気になっていて、学生時代から社会人になってからも、その光景を求めて全国を駆け巡りましたが、ついに巡り会うことはありませんでした。
今思えば、当時の作者の独創的な機関区風景だったのかかもしれません。

SL時代でなくとも城端駅の終着駅風景には独特なものを感じます。
f54560zgさんの行動力に感謝いたします。

yyoshikawaさんもアニメをご覧になるんですね。ちょっと意外でした(失礼しました)。
E10さん、私もしょっちゅう眺めていた鉄道風景の描かれた絵本がありました。作者さんはおそらく何かをモデルにしていたと思うのですが、やっぱりそれがどこだったのかはわからずじまいでした。まあ、絵本を読むぐらいの歳の子供がそれを言い当てたら、ちょっと恐ろしい気もしますが・・・。

先回コメント致しました深夜アニメサクラクエスト物語の舞台は富山県の架空の都市真野山市モデルになったのが富山県南砺市です御存知の様に南砺市の主な鉄道駅は城端駅です
アニメでヒロインが真野山市に初めて列車でやって来るシーンキハ46?が田園風景の中を走るシーン終着駅である真野山駅に到着するシーン等まあ良く描かれてますが終点真野山駅は相対式ホームであるのが城端駅とは少し違いますが機廻し線辺りの表現は城端駅を参考にしたのでしょう

yyoshikawaさんのおっしゃるアニメの画像検索をしてみました。城端駅の先端付近の民家が昭和の家屋から平成の家屋に変化していて、yyoshikawaさんのコメントに、なるほどなるほどです。
鉄道風景が印象的なアニメは、銀河鉄道999や以前他項でもお話した おもひでぽろぽろ なのですが、もぅ50年くらい前でしょうか、まだ幼い頃に姉が見ていてついでに見ていた、魔法使いサリー か ひみつのアッコちゃん だったでしょうか、蒸気機関車牽引の貨物列車が単線駅に停車中に嵐の中の信号トラブルか何かの理由で対向してきた急行旅客列車を避けるために、列車長より短い、トの字を上下逆さまにしたような引込線へ突っ込んで行き、(ただ、子供ながらに、なぜ貨物列車は直ぐに後退して、駅員さんが接近してきた急行列車に危険を知らせたらいいのに、と思いましたが)機関士さんは脱線転覆した蒸気機関車の下敷きになり殉職した場面があって、それがアニメで列車に纏わる光景としてはいちばん印象深く記憶に残っています。

yyoshikawaさん、E10さん
私も画像検索してみました。おっしゃる通り機回し線あたりの描写は城端駅のそれとそっくりですね。
おもひでぽろぽろもよく実物を観察されているなあと思いながら見ていました。
「魔法使いサリー か ひみつのアッコちゃん」は記憶にないのですが、殉職とは、子供向けとしては結構重たいですね。

城端駅は現在ホームを増設し相対式の終着駅になっており二列車が停車出来る様に配線変更があった模様です

yyoshikawaさん、ホーム増設とは珍しいですよね。交換設備が撤去された駅もいくつかあるようですので。

アニメサクラクエストを製作したアニメプロダクションは富山に本社を置くPAWORKSという会社ですので地元の置城端で取材したのです 京都アニメーションも良く地元京都の各地を取材したアニメを製作してます最近の作品では響けユーフォニアムと云うアニメでは京阪宇治線が登場してます 新海誠監督の彼の君の名はでは東京の各地がリアルに描いておりJR東日本も協賛してました
すいませんマニアックな話題を述べました鉄道関係の話しもアニメ関係の話しも関係無い人から見ればただのオタクなのでしょうかね

yyoshikawaさん、誰しもある特定の分野に関してはオタクなのではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/43913935

この記事へのトラックバック一覧です: 城端 1979/10/3:

» 城端線 - 城端 [レイルエンヂニアリング]
転車台跡 写真クリックで拡大します 城端駅のホーム端から、何か丸い遺構のようなものが見えたので写真を撮ってみました 位置情報(googlemap... [続きを読む]

« 敦賀第一機関区 1979/10/2 | トップページ | 津幡 1979/10/3 »

過去の記事

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ