« 粟津 1979/10/1 | トップページ | 東金沢 1979/10/2 »

2009年1月23日 (金)

富山第二機関区 1979/10/1

富山-(徒歩)→富山第二機関区-(徒歩)→富山口

19791001

富山~東富山間にある富山操車場に隣接した日本海縦貫線の電気機関車基地で、EF81とEF70が50両程度配置されていました。
富山操車場全体の配線はわかりませんが、上り本線の外側(山側)、米原方に設けられています。

1979100101
米原方からです。左は転削庫でしょうか。

1979100102
米原方からです。

1979100103
直江津方からです。庫1番線です。

1979100104
直江津方からです。庫1・2番線です。

1979100105
直江津方からです。

1979100106
直江津方からです。

1979100107
直江津方からです。

1979100108
直江津方です。
左側が富山操です。

1979100109
直江津方です。機留線です。

1979100110
直江津方です。入区・出区線です。

1979100111
直江津方からです。

2002081321
2002年8月13日撮影です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 粟津 1979/10/1 | トップページ | 東金沢 1979/10/2 »

コメント

第一機関区・第二機関区という字面を見てときめきを覚えるのはきっと国鉄時代に生きた身の故なのでしょうな。蒸機と電機、または貨物と旅客担当の区別。ここがEF81の寝ぐらなんだ、という思いを持ちます。配線図は推測ですが、設置されて間もない時期の感じを受けます。まあヤードは整理され、富山貨タになり、旧ハンプ付近には富山運転所(現今の名称は不明)が設けられ、富山駅の北西にあった第一機関区が移っているようです。富山港線もライトレール化され・・・富山駅から第二区までは結構な距離で、その意味もこめて深く謝します。

確かにおっしゃるとおり、50両もの配置がある割りにはコンパクトな機関区という印象を受けますね。
昔は時間はあるけどお金がない時でしたから、けっこう歩きました。荷物を持っての歩きはなかなかしんどかったです。

【富二区】
富山第二機関区。
通称、トニクですね。
富山第一機関区を訪れた時に現場の方がトイチク・トニクと使い分けておられました。
かつては EF81の牙城と呼ぶのに相応しい機関区でしたが、開設当初は EF70のみの配置だったようです。

お二人のおっしゃるように、機関区構内の配線が短くて本数も少なく感じます。
EF81や EF70の体格なら窮屈さを感じていたかも知れませんが、機能的な配線と効率的な機関車運用で回していたのでしょうか。
EL50両規模の配置なら酒田機関区や敦賀第二機関区も同等の規模だったようですが、この富山第二機関区は一回り小さく感じてしまいます。
富山操車場の一部に機関車付換え用の待機線か機留線や、富山第二機関区の派出所のような機能を有していた場所でもあったのでしょうか、とても50両の電気機関車を収容仕切れる広さではなさそうに見えます。

どこかの機関区を訪問した時、もし国鉄の車両がすべて止まっても、本線部分以外に全車両が収容仕切れるように線路の有効長が取られていると聞いた事があります。
その時の私は、本線上からすべての列車や車両がいなくなり、駅の側線や機関区、ヤード構内に車両達が居並ぶ光景を想像したのですが、思いも寄らない話に想像を膨らますのは難しすぎました。

機関区横の北陸本線を何度か素通りしましたが、車窓から初めて見た富山第二機関区は活況を呈しており、かなりの規模だと見受けられ、ここが万能機 EF81の塒なんだと、その時はときめきを感じましたが、年を追うごとに構内が殺風景になっていたような気もしまします。(以前ひとやすみの項でお話したように富山第二機関区は未訪問になってしまいました。高崎第二機関区や長岡第二機関区も。)

EF81のトップナンバーや500番台がこの富山第二機関区にいたようですが、機関区までは富山駅から2.5Kmくらいの距離感だったのでしょうか、最近になって機関区構内の少し近くまで公共機関で行けることを知り、15年くらい前に持ち合わせていた私の気力と体力なら、北からの寝台特急を途中下車してでも転車台とトップナンバー目当てに訪れていたかも知れません。
でもその時の私の時の運は、構内立入禁止の言葉を聞いてすぐにボンネット特急の乗客となっていたかも知れませんね。(以前、構内の外れに転車台を見かけた覚えがあるのですが、記憶違いならすみません。)

5枚目かの写真に、構内を案内していただいた方だったのでしょうか、職員の方が写り込んだ写真がありますね。
よくあるんですよね、こうゆうこと。
「ちょっとそこどいて下さい」など、とても言えないし…。
私の場合、初めの頃は少し抵抗感がありましたが、慣れて来ると記念写真の感覚になり、案内の方も被写体になっていました。

記憶が薄れても記録が残っているのは嬉しいものですね。

富山第二機関区は自分の足で訪問はしているのですが、車窓から眺めた記憶が全くないんです。富山操車場も同様です。
実際には車窓から眺めているはずなのですが、記録がないので忘れ去ってしまったのだと思います。たとえどんな形でも、何かしら記録があれば思い出すきっかけになったと思うのですが。
さすがE10さん、5枚目の写真はピンと来ましたか。おっしゃる通り、案内(実態は見張り)していただいた方ですね。私はあまり気にしませんでしたので、弘前などでも写った写真があります。もっともたいていの場合はカメラを向けるとささっとよけてくれましたが。

富山操車場配線について 富士コンテム発行 太田幸夫著 鉄道による貨物輸送の変遷 と云う書物に富山操車場配線図が記載されておりました図には当然富山港線連絡線も操車場に繋がっておりました

yyoshikawaさん、その本、私も持ってます・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/43832228

この記事へのトラックバック一覧です: 富山第二機関区 1979/10/1:

« 粟津 1979/10/1 | トップページ | 東金沢 1979/10/2 »

過去の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ