« 近江長岡 1980/4/6 | トップページ | 清川 1980/5/25 »

2008年12月24日 (水)

村上 1980/5/25

新発田-(833レ)→村上7:16着/8:23発-(811D「羽越1号」)→あつみ温泉

833レは新津5:38発の青森行きで、青森着は19:40です。ご苦労様です。
811Dは新潟発秋田行きで、坂町までは仙台行きの「あさひ2号」を併結しています。
833レはスハフ422188、811Dはキハ58490に乗車しました。

19800525

隣の間島駅との間に交直セクションがありますので、直流車が入れるのはここまでです。
本線関係はホームのある3本のほか、ホームのない下り1番線があり、合計4本です。
直流車の折り返しのためでしょうか、下り列車が上り本線にも進入できるようになっています。

19800525a11
秋田方からです。

19800525a10
右のクネクネした線路は日本化学の専用線?

19800525a09
新津方です。

19800525a08
新津方からです。
貨物扱い、がんばってますね。

19800525a07
新津方からです。機区東線と機区西線の間には給炭台の残骸があります。

19800525a06
機区西線にはなぜか朽ちかかったク5000が押し込められており、

19800525a01
その列は転車台まで続いています。

19800525a03
朽ちかかったク5000に朽ちかかった転車台。妙な組み合わせですが、悲しい光景ですね。

19800525a04
転車台はほとんど全貌がつかめません。
ところでこんなところに登っていいの?

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 近江長岡 1980/4/6 | トップページ | 清川 1980/5/25 »

コメント

種々雑多朽ちていく鉄道設備の写真を観てきましたが、これほどつらい感情を覚えたことはありません。涙が出てきそうです。たぶん転車台も貨車もどちらも動態をとりえる存在だからでしょう。端の引き込み線で錆び果てていく貨車とは違ういたたまれない印象を持ちました。

転車台を求めて各地を訪ね歩きましたが、村上駅の転車台は完全に忘れ去られた印象でした。
ク5000も颯爽と活躍した時期が過ぎるとその特殊な構造から転用もできず放置される姿が多々見受けられ、かわいそうな貨車でしたね。

転車台はキライじゃないけど、それほど特定の思いいれもないので(汗)
むしろ、こんな使い方もあるんだ、と感心してしまいます(笑)このままの姿を後世に伝えて欲しかったですぅ・・・

小生とすれば、多少なりとも動態で使えるものがあれば、という気持ちで、ともに動態のまま奪い朽ちていく様が心をえぐられた・・・ただそれだけで、経営上の思惑等々は、分からなくはなく、それなら特定の工場や車両基地で溶接機の青白い炎にかかった方が良いような気がする。動いていたものが、“ともに”放り出されたまま朽ちていくのがただ悔しくかなしいのです。

LUNさん、SYさん。
もし廃車となった蒸気機関車が放置されていたらおそらく注目を浴びたと思うのですが、転車台が放置されていても誰からも注目を浴びることがないのがかわいそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/43518272

この記事へのトラックバック一覧です: 村上 1980/5/25:

« 近江長岡 1980/4/6 | トップページ | 清川 1980/5/25 »

過去の記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ