« 熊野市 1980/3/14 | トップページ | 新宮 1980/3/15 »

2008年12月 9日 (火)

鵜殿 1980/3/15

新宮-(122レ)→鵜殿10:02着/10:41発-(327D)→新宮

122レは新宮発亀山行き、327Dは亀山発新宮行きです。
同じ区間なのになぜか列車番号の100位の数字が違います。
122レはオハフ45107、327Dはキハ35111に乗車しました。

198003152

比較的規模の大きい紀州製紙の専用線がありますが、旅客駅としては小規模です。
当駅始発・終着の貨物列車も設定されていたと思うのですが、本線はホームに面した上下本線だけで貨物用の副本線はありません。

19800315b10
亀山方です。

19800315b11
亀山方からです。
ホームの幅は狭いですね。

19800315b07
和歌山市方からです。

19800315b08
和歌山市方です。

19800315b12
和歌山市方です。駅本屋です。

19800315b09
和歌山市方からです。

19800315b06
和歌山市方からです。

19800315b05
和歌山市方です。
右が紀勢線で左が紀州製紙専用線です。
入換合図器が2つ見えます。このテの駅では珍しいような気がします。カーブの関係かな?

19800315b04
和歌山市方からです。
転てつ器は反位ですね。

19800315b03
和歌山市方からです。
まるで紀州製紙専用線の場内信号機に思えてしまうくらい変な位置に建っていますね。

19800315b01
紀州製紙専用線です。
貨車は入換中?止めてあるんだとしたらずいぶんなところに止めていますね。

19800315b02
さらにその先、201号転てつ器付近です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 熊野市 1980/3/14 | トップページ | 新宮 1980/3/15 »

コメント


 おはようございます、奥野君です。何度もお邪魔してすみません・・ 鵜殿も貴ブログを拝見してやっと分かった専用線です。ありがとうございますです。次のお邪魔は少し先の多気ですね。
 ではでは。

奥野君さん、こんばんはです。
最初は何のことかわからなかったのですが、山福製材のことですね。
上の写真を見ても、線路上に台のようなものが置かれたりしていてすでに現役を退いているっぽいですね。

 こんばんは、奥野君です。
 すみません、そうです、山福製材のことです。そういえばなんか台が置いてありますね。専用線一覧によるとここは昭和50年版には記載がありますが、昭和58年版では消えています。撮影が昭和55年ですから符合しますね。ちなみにRealMapにはこの専用線の記載はありません。まあこのマップは近江鉄道なんか駅名の記載が間違ってたり適当ですが(笑)。
 ではでは。

 鵜殿駅良い雰囲気の駅ですね こじんまりした駅の規模の割に大きな工場引き込み線が存在しておる意外せい 普通だと此の位の工場が有ると必ずソコソコの仕訳群線が存在するのに此処では其れが無い 貨物扱いの有る私鉄の駅見たいですね 模型のレイアウトに丁度良いサイズの駅ですね

yyoshikawaさんのおっしゃる通りで、貨物列車用の副本線ぐらいあってもよさそうなものですが。

 セピア色の線路と云うサイトを見て居た所鵜殿駅紀州製紙専用線の大版カラー画像が掲載されております 辺りの風景や配線等略貴下の鵜殿画像と変って居ませんが コンテナ列車の儘工場へ向かう姿が時代が変わったと感じます おまけとしてダルマ転轍器の転換音が添付されております

y yoshikawaさん、情報ありがとうございます。有蓋車からコンテナに、そして最後は船、ですか・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/43369563

この記事へのトラックバック一覧です: 鵜殿 1980/3/15:

« 熊野市 1980/3/14 | トップページ | 新宮 1980/3/15 »

過去の記事

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ