« 南長岡 1979/12/1 | トップページ | 長岡運転所 1979/12/1 »

2008年10月 2日 (木)

長岡操車場 1979/12/1

南長岡-(徒歩)→長岡操車場-(徒歩)→長岡運転所

19791201r
長岡地区の貨物ヤードです。
周囲には長岡機関区、南長岡駅、長岡運転所があり、この一帯はまさに鉄道天国でした。

上下本線の間に着発線及び仕訳線群が配置されていますが、上下の着発線群が離れているため、北陸線方面と上越線方面を直通する貨物列車は隣の宮内駅で折り返していました。
構内の新潟寄りにある貨車職場は長岡運転所の所属です。

19791201a20
新潟方で、下り着発線の出発信号機付近です。
写真ではわかりませんが、左側に南長岡駅があります。

19791201a22
新潟方です。

19791201a26
新潟方です。

19791201a23
新潟方です。
中央の建屋は長岡機関区のDL検修庫です。

19791201a24
新潟方です。
中央は長岡運転所の貨車職場です。

19791201a28
新潟方です。
このあたりは長岡運転所の構内です。

19791201a21
新潟方からです。
右が下り着発線です。

19791201a27
新潟方からです。
右は第2てこ扱所です。

19791201a25
新潟方です。

19791201a44
直江津方からです。
左が下り着発線です。

19791201a43
直江津方からです。
上り着発線の出発信号機付近です。
右へ向かっているのは長岡運転所への連絡線です。

20050718b6
2005年7月18日撮影です。直江津方です。
操車場は跡形もなくなり、大きく変貌しました。
長岡操車場の片隅にあった南長岡駅が操車場跡地に移って近代的な貨物ターミナルになっています。
下り本線は海側から山側(写真で言うと右側から左側)に移設され、上り本線と並ぶ形になっています。

20050718b3
新潟方です。
左上に見えるのは中越地震の被災者の仮設住宅です。
旧南長岡駅があったあたりではないでしょうか。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 南長岡 1979/12/1 | トップページ | 長岡運転所 1979/12/1 »

コメント

近所に住んでました。懐かしいですね。

昔を思い出していただけてうれしく思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/42665354

この記事へのトラックバック一覧です: 長岡操車場 1979/12/1:

« 南長岡 1979/12/1 | トップページ | 長岡運転所 1979/12/1 »

過去の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ