« 大館 1978/10/4 | トップページ | 鷹ノ巣 1978/10/4 »

2008年9月18日 (木)

大館(同和鉱業) 1982/3/24

弘前-(502レ「きたぐに」)→大館14:17着/17:14発-(402レ「津軽2号」)→秋田

1982年に再度大館を訪れたときの記録です。

19820324r
同和鉱業線の起点ですが、行き先は小坂と花岡の2方向があります。
国鉄線はこの図の上のほうを走っており、花岡方面へは花輪線と同様この先で左にカーブして国鉄線をオーバークロスします。

19820324e01
福島方からです。授受線です。

19820324e02
小坂・花岡方からです。

19820324e03
小坂・花岡方です。ホームには屋根がありません。

19820324e04
1番線は両側ホームで行き止まりです。

19820324e05
出発信号機です。

19820324e13
小坂・花岡方からです。

19820324e14
左が花岡方、右が小坂方です。

19820324e15
場内信号機です。すばらしいです。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
最近、バックナンバーへのリンクがうまく表示されません。
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 大館 1978/10/4 | トップページ | 鷹ノ巣 1978/10/4 »

コメント

ナロー時代の小坂鉄道大舘駅構内に興味が有りますが当時の配線を何方か調査されておるのでしょうか?
ナロー時代ですので当然国鉄へ積み替え等の作業が有った筈です其れ等の遣り取りの配線が引かれていた筈です

y yoshikawaさん、ナロー時代の小坂鉄道は申し訳ありませんがアリマセンです。

先日軽便祭に行ったおりOn21/2の小坂鉄道のモジュールレイアウトが展示されており其ブースの壁に小坂鉄道が改軌前の大舘の線路配線図が展示されてました 一応写真には撮影しましたが私のカメラはフジX100Sですので広角特化の為画像が小さくかなり拡大せねばなりません
既に改軌の済んだ花岡線と改軌前の小坂線が其々別にホームが用意されており花岡線は直接国鉄線と繋がっておるためそんなに大きい規模では有りませんホームは片面仕様機廻し線が小坂線ホームとの間に有るだけ国鉄連絡線方は機廻し線と本線が左片亘で合流ホーム側延長部は客車留置線小坂線は島式ホーム二面と機廻し線と製錬済みの鉱物積み替え用上屋小坂側から小坂線が入り反対の国鉄連絡側から国鉄車両が入り小坂線のフラットカーコテに積まれた鉱石コンテナをホイストで釣り揚げ国鉄の無蓋車に積み替えるさらに積み替え上屋から国鉄線が小坂側に伸びており平行して敷設された小坂線の線路に止めてある小坂線のボボ型等に国鉄貨車から横渡しで一般の貨物を積み替えてます積み替え上屋の隣に二線式機関庫が有り小坂側から小坂線の機関車が入庫国鉄連絡側から花岡線の機関車が入庫する構造です
以上がナロー時代の大舘配線の概略です

yyoshikawaさん、小坂線改軌前の大舘駅の様子をありがとうございます。当時の貨物の積み替え作業が目に浮かぶようですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/42518591

この記事へのトラックバック一覧です: 大館(同和鉱業) 1982/3/24:

« 大館 1978/10/4 | トップページ | 鷹ノ巣 1978/10/4 »

過去の記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ