« 西舞鶴機関区 1979/8/26 | トップページ | 高崎 1979/7/15 »

2008年7月24日 (木)

松尾寺 1979/8/27

西舞鶴-(935レ)→松尾寺10:19着/11:46発-(956D)→西舞鶴

935レも956Dも福知山←→敦賀間の列車でした。

19790827

19790827_2

日本板硝子の規模の大きい専用線が特徴です。
本線は一線スルータイプになっています。
貨物用の副本線がありますが、上り専用です。

19790827a01
敦賀方からです。上下待避線です。

19790827a02
敦賀方からです。上下本線です。

19790827a04
東舞鶴方です。
偶然にも日板から貨物列車がやってきました。
来迎寺の時もそうでしたが、ひょっとして結構ラッキー?

19790827a05
邪魔者(ゴメンなさい)がいなくなったので再度東舞鶴方です。

19790827a06
機回し中です。

19790827a07
到着した貨車の中の1両です。

19790827a08
敦賀方です。
授器に通票がセットされています。

19790827a10
今度はこの貨車を連れて行くようです。

19790827a11
行ってしまいました。

19790827a12
413D「わかさ3号」(西舞鶴→敦賀)が通過です。
セットされていた通票をゲットです。

19790827a13
東舞鶴方からです。

19790827a16
東舞鶴方からです。
中央の線路が専用線です。

19790827a14
専用線はこんな感じで続いていましたが、ちょっとこれ以上は・・・・。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 西舞鶴機関区 1979/8/26 | トップページ | 高崎 1979/7/15 »

コメント

ここの専用線も良かったですよねぇ。
写真残ってないのですけど(泣)

貨物列車を邪魔と言ってしまう感性がスバラしいですぅ(笑)

敦賀港駅でトンネルに入ってしまった悪い子は私です・・・(汗)

写真の通り、砂利道がトンネル内を線路と並行していますので、とりあえずトンネルは抜けてみたのですが、そこでギブアップしてしまいました。
こういう線路を極めるのはなかなかキビシイですね。

 こんにちは、明日から浜松ウロウロの奥野君です。
 今度は松尾寺をアップしました。まあ有名どころなので、廃線跡を紹介しているHPも多いですが、なぜかセメントホッパーは??
 ではでは。

 こんにちは、今度は松尾寺終点の奥野君です。
 現役時代に来たかったですね。まあここのSWはたしか多気でまだ動いている奴だからましな方かな?
 ではでは。

 こんばんは、大ぼけ奥野君です。
上のコメントの多気は間違いで、向日町でした。既に廃止されちゃってますね。現役時代はこんな感じでした。
 ではでは。

懐かしい!!!

我々、30数年前の舞鶴高専生はよくこの線路の上を歩き高専寮〜松尾寺駅まで行ったたもんじゃ。
トンネルの中で貨物列車に遭遇、
飛び乗れる速度で走っていました。
また、板ガラス前の直線部も走って競争できました。
本当に懐かしい。
白屋の里よ。

廃線好きさん、ステキな思い出ですね。今では線路の上を歩くことはほとんどできなくなってしまいましたね。

おーー、曰くつきのトキ80000が見られるとは本当にラッキーじゃないですか?

実働の写真はなかなかお目にかかれません。

ゆかわあきらさん、貨車にはあまり興味がなかったのですが、シロウト目にも特異な貨車であることはわかりましたね。
運ぶのがガラスですから、いろいろ苦労のあった車両でしょうね、きっと。

この松尾寺駅を訪問しようと思った動機の一つは趣味誌(たぶんRM誌だったような)に 『重連 大地を揺るがす響き』だったでしょうか、そんなタイトルの特集回があって、当時は重連仕業に憧れていたこともあり松尾寺駅に向かいました。
駅に着いて窓口から駅員さんに構内での撮影許可を尋ねたのですが、最初に対応された駅員さんは困惑されていたのですが、奥のほうから別の駅員さんが対応に来られ、困惑気味の駅員さんを説得するように撮影許可をいただきました。
「何日か前にも横浜から駅の撮影にお見えになったんですよ」と構内撮影を歓迎して下さり、お蔭様で気兼ねなく撮影出来ました。
f54560zgさんの訪問時の貨物列車担当だった福知山機関区の仕業は分からないのですが、私が訪問した時は、西舞鶴〜東舞鶴あたりだったでしょうか25‰くらいの勾配対応のためにDE10型による三重連仕業がありその三重連が見てみたくての松尾寺駅訪問でした。
手持ちの家庭用カメラでの撮影でしたので、三重連到着時の撮影場所を探して松尾寺駅構内を右往左往しているうちに列車の到着時刻となってしまい、専用線トンネル近くの踏切辺りでの極めてお粗末なDE10型三重連写真となってしまいましたが、貨物列車到着後の入換仕業は、なんとオドロキのDE10型三重連のままで駅構内を行ったり来たりの大迫力の入換仕業が始まりました。
総括重連仕様でなかったのか、各機関車に運転士さんが乗ったままで2番目3番目の運転士さんが手持ち無沙汰だったのには違和感がありましたが、当然、機関車1両を切り離して入換仕様に付くと思い込んでいた私には驚愕の光景でした。
当時の記憶では、福知山機関区にDE10型が1099番あたりから10両くらい連番で配置されていて、この姉妹達(DD51が兄弟ならDE10は姉妹?)が手をつなぎ様々な組み合わせで勾配区間を駆け上がり松尾寺駅に来ていたのでしょう。
80年代から90年代の配置表で追いかけると、その後、この姉妹達は運命に翻弄されるような機関車人生を送ったようです
また、この時の写真が探し出せれば、当時の詳しい様子をお話し出来ればと思いますが、実は北近畿辺りの機関区関係の訪問は、個人的な持論である《鉄道趣味には鉄道利用が鉄則》の掟を破り、西は関金から東は小浜までマイカーでの機関区設備の訪問となり、なんだか罪悪感も手伝い、北近畿辺りの記事に当時の様子のコメントを出し切れていない原因でした。
ただ、掟を破ってまで北近畿辺りをマイカーで移動していたいちばんの理由は、天橋立の項でお話ししたことが当時にあったからなのでしょう、私も運命に翻弄される人生だったのかも知れません。。

E10さん、松尾寺のDE10の3重連は知りませんでした。おっしゃるとおり3重連での入換は異様ですね。
岩切駅の記事に写真を掲げましたが、私も偶然DE10の3重連(もちろん回送でしょうが)に遭遇しました。入換作業は全く記憶にないのですが、おそらく3台連ねて入換作業していたのではないかと思います。
マイカー利用については私も罪悪感を感じる部分がありますが、入場券の購入でお許しくださいませ(汗)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/41960935

この記事へのトラックバック一覧です: 松尾寺 1979/8/27:

« 西舞鶴機関区 1979/8/26 | トップページ | 高崎 1979/7/15 »

過去の記事

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ