« 橋本 1980/3/9 | トップページ | 川端 1980/3/9 »

2008年6月21日 (土)

大和二見 1980/3/9

橋本-(1426D)→大和二見9:01着-(徒歩)→川端

川端への貨物支線の分岐駅です。

0119800309d3
王寺方です。
一番右側の線が川端への貨物支線です。
普通の人の目には見えませんが、一応踏み切りになっているのかもしれません。

0219800309d2
右が和歌山方、左が川端方です。
ローカル線からさらにローカルな貨物支線が分岐する駅って少なかったと思います。
特異な駅に属すると思います。
構内通行は厳禁だそうです
写真中央の白い柱状のものは通票の授器?

0319800309d1
川端方からです。
短いホームの手前側のも通票の授器?

0419800309b1
川端方からです。
正面が大和二見駅の本屋でしょうか。

0519800309b2
川端方です。
大和二見~川端間は1.5kmでした。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 橋本 1980/3/9 | トップページ | 川端 1980/3/9 »

コメント

ここの線路分岐は、もう芸術的でした。
貨物駅までは歩かなかったのですが、川端駅の線路群はサイコーですねぇ。
満足満足♪ご馳走様です(笑)

私も早く記事にしたくなりました・・・

大和二見~川端は私の最も好きな場所のひとつです。記事、楽しみにしています。

無人化されて20年以上経ちますが、数年前にとうとう交換設備が撤去されて1面1線になってしまった大和二見ですが、昔は貨物も分岐していて面白い駅だったんですね。
嗚呼。この頃に降りたかった~(涙)

3枚目の写真ですが、機芸出版社『シーナリイ・ガイド』という本で川端駅を取り上げており、そこに大和二見駅裏の短いホームはタブレット授受用と、写真と共に載っていました。

川端駅の事も詳しく載っていて興味深いです。
線路が引かれていた状態を一度見に行きたかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/41599047

この記事へのトラックバック一覧です: 大和二見 1980/3/9:

» 大和二見駅/和歌山線/奈良県五條市 [汽車旅つれづれ日記]
[http://blogs.yahoo.co.jp/bouseneki/18518045.html 今朝の記事]で登場した駅の記事を早速UPで〜す^^。 王寺・奈良方面から和歌山線に乗ると、奈良県最後の駅がこことなり、1駅和歌山方にある隅田駅からは和歌山県に入ります。 関西おでかけパスの区間が五条までとなっていたり、運賃箱が和歌山支社スタイルのものだし、変だなあ〜と思ったら、王寺〜五条は大阪支社、五条〜和歌山は和歌山支社だそうで、この駅は和歌山支社なのでした。 また、3駅和歌山方にある橋本..... [続きを読む]

« 橋本 1980/3/9 | トップページ | 川端 1980/3/9 »

過去の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ