« 大和二見 1980/3/9 | トップページ | 五条 1980/3/9 »

2008年6月22日 (日)

川端 1980/3/9

大和二見-(徒歩)→川端→(徒歩)→大和二見

Image002

何でこんなところに?とつい思ってしまう貨物専用駅です。

0119800309c2
大和二見方からです。

0219800309c4
少し先に進みます。

0319800309c15
チップの積み込み設備でしょうか。

0419800309c6_2
大和二見方です。

0519800309c5
さらに終端側に進みます。

0619800309c12

0719800309c9

0819800309c10
砕石の積み込み設備です。

0919800309c11
駅の先はすぐ吉野川(紀ノ川)です。

1019800309c13

1119800309c14

1219800309c17
最初の写真で左側に分岐している線路の先です。
かつてはこのあたりを左右方向に横切る線路があり、平面交差が存在していたようです。
(配線図の破線部分です)

1319800309c19
さらにその先です。

1419800309c20
ここもチップの積み込み場のようです。

1519800309c16
川端駅本屋です。
ちょうど名前のところが看板で隠れてしまっていました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 大和二見 1980/3/9 | トップページ | 五条 1980/3/9 »

コメント

有名なのかどうかわかりませんが、何故か昔から川端駅の名前は知っていました。
この辺りは昔散歩した事があるのですが、まさかあの川端駅があった所だとは思いもしませんでした^-^;

このような配線の場合、出発信号機1Rより
内方で分岐している材木線1,2などからは
そのまま大和二見方に向かうことは
可能なのでしょうか?それとも一旦外方まで
入換して改めて信号機の現示で出発して
行くのでしょうか?
いつも質問ばかりですみません・・・

natsuさん
直接出発はできません。本線に引き上げた後に3番線(着発線)に戻ってから出発信号機の現示に従って出発することになります。
もっとじゃんじゃん質問下さいね。

ありがとうございます。
やはりそのままでは出発出来ないんですね、
材木線ではなく貯木線でした、失礼いたしました。

こちらこそ図が小さくて見づらくてすみませんでした。ちょっと大きくしておきました。

こんばんは。この駅の平面交差している写真は
シーナリーガイドという本に写真が掲載されています。

通りすがりの人さん、貴重な情報ありがとうございます!

初めまして。
川端駅を検索していてこちらにたどり着きました。
私は五條の出身で、川端駅は小さい頃から馴染みがあります。
小学校の校庭(今は廃校になりましたが)から川端駅で動く蒸気機関車(たぶんC11)が見えたのも覚えています。
先日、川端駅の近くまで行く機会があったので寄ってみました。
すると今でも線路跡や当時の施設と思われる建物が残っていました。
私はブログをしており、そのブログで川端駅の記事を書きたいと思っています。
そこでお願いがあるのですが、現役当時と現在の比較で、こちらの写真を使わせていただきたいのですが、いかがでしょうか。
無理を申しますが、宜しくお願い致します。

 はじめまして、10数年ぶりに川端を訪ねました。
砂利プラントの横の草むらのレールが埋まっていたところが
きれいに刈られてレールが姿を表していました。
配線図でいうと1~3番線です。
 どうもなにかの工事が始まりそうで、ついにレールが剥がされそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/41610684

この記事へのトラックバック一覧です: 川端 1980/3/9:

« 大和二見 1980/3/9 | トップページ | 五条 1980/3/9 »

過去の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ