« 鶴岡 1978/10/1 | トップページ | 酒田機関区 1980/5/25 »

2008年6月 5日 (木)

酒田 1978/10/1

余目-(403D「出羽」)→酒田8:06着/10:20発-(811D「羽越1号」)→羽後本荘

403Dは陸羽西線経由で上野と酒田を結ぶ気動車夜行列車でした。
403Dはキハ58636、811Dはキハ55215に乗車しました。

19781001

本線関係は貫通の上下本線・中線の他行き止まりの表1番線があります。
ホームのない上り1・2番線は上り列車専用です。
酒田機関区・酒田客貨車区が設けられています。機関区には50両余りのEF81と数両の入換用DL、客貨車区には40両程度のPCが配置されていました。
酒田港への貨物支線が分岐していますが、入信(=構内運転)なのか入標(=誘導)なのかがよくわかりません。

01img062
803レ「天の川」です。

021978100101
同じ場所です。やっぱり車両がいないほうがいい景色です。

031978100103
上り本線の秋田方です。

041978100104
秋田方からです。

051978100109
表1番線は「0番線」です。

061978100110
新津方です。

071978100112
新津方からです。

081978100115
新津方からです。

091978100116
酒田機関区です。

2008/12/30追加しました。

10dh000021
たいした意味はアリマセンが、7枚目の写真に写っている50系の連結器付近です。
2か月前に新潟鉄工で産声をあげたばかりですね。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 鶴岡 1978/10/1 | トップページ | 酒田機関区 1980/5/25 »

コメント

車輌がないほうが線路が良く見えるというのは同感ですねぇ(笑)
かといって走っていれば記念になるので、隅の方にこそっと写します。

逆に隅の方にも写せないくらい車輌が少なすぎる駅もあったりして、そうなってしまうと寂しいですね。

この駅が、かつては日本海側縦貫の結節駅だったのですね。富山第二、敦賀第二と並んでEF81が集中配置されていたのに、と思ってしまう設備です。酒田港への貨物線もあり、仕訳線はしっかりしているのですが、・・・50系が当区に早期に配置されていたと思い起こされます。小生、つい動力区の方へ話が向いてしまし、申し訳なく感じております。

当時酒田には50両以上のEF81が配置されており、最も多くEF81が配置されている機関区でしたね。
50系も東北地区では仙台に次いで早く配置されました。たいして意味はないのですが、写真を1枚追加しておきました。

 酒田港への貨物線とは、酒井臨港鉄道のことでしょうか。
2度程、連休に訪問しましたが、港や化学工場までの縦横無尽な引込み線は見ごたえ十分でした。
工場内は分かりませんが、末端の支線は廃線が多く、枕木も朽ち果て雑草に埋もれ哀愁を感じます。 今なお線路の撤去は進みつつあるので、未踏の方は早めのご訪問をお薦めします。
食糧倉庫の廃墟は圧巻で、戦争の爪あとを感じます(中は立ち入り禁止ですが)。
それにしても酒田駅からのたった一本の引込み線が何十本にも分岐するなんて、線路って凄い機能ですね。 子供の頃、HOゲージをやってましたが、ポイントが一番好きでした(高いけど)。

この手の臨港貨物支線はかなり整理されてしまいましたが、酒田は今後どうなんでしょうね。
酒田まではいったものの酒田港へは行っていないので、圧巻の食糧倉庫の廃墟、ぜひ見たいものです。
私の記憶にあるHOゲージのポイントは、先端部(トングレール)だけでなく、交差部分までが一体となって動くようなものだったような・・・・。

東北東ソーの専用線も廃止され ますます
寂しくなってきましたね。遠足で国立倉庫を
見学した事がありましたが ホームや頭上に
時計があったりして まるで駅のようでした。
構内にもワラ1型の貨車が留置されており
思えば 撮影しておけば良かったと後悔しております当時の長距離客車は 81「酒」の区名札が差して
おりました。まだ 「いなほ」や「白鳥」に乗車すろ事が
ステータスの時代ですね。

 食糧倉庫の見学とは羨ましいです。 私は塀越しに垣間見れただけですが、きっと昔はここでワラからお米の積み降ろしで活気づいてたのでしょうね。

 私はボンネットのキハ81が国鉄車両では一番好きで、子供の頃、父に「いなほ」に乗せて貰った思い出があります。 キハ82の「つばさ」には乗った事が無く、「白鳥」は実物も見れないまま無くなり心残りです。 どこかに保存車両でもないでしょうかね。

象潟さん、猫OGさん、酒田港駅には行ったことがありませんでしたのでちょっと調べてみたのですが、歴史的な倉庫が残っているのですね。行ってみたいけどっちょっと遠い・・・。
子供の頃に特急に乗れるとは何てうらやましい!
学校ではヒーローになれるのでは?

そういえば 在来線の食堂車に行ったのは
1980年の修学旅行での「つばさ2号」だけです。
グリーン車を通り抜け ようやくたどり着いた食堂車
コーヒー¥400円だったのを覚えています。
秋田から宇都宮まで乗車したのですが 長い道中だったのを覚えております。

食堂車 いまでは トワイライトエクスプレスの
通過と 東北線不通の際のカシオペアと北斗星
の迂回通過だけですね。

私も在来線の食堂車は一度きりですね。
1978年(昭和53年)、仙台13:28発のひばり18号でした。貧乏学生にとっては食堂車は高嶺の花でした。

 坂田の写真の5枚目駅舎脇の構内通路に郵便物を受け取りに来た郵便局のバンが停車列車から降ろされた郵袋をテルハ下で待ち受けている係り員側を通る乗客 何気なく写した一枚の写真に 今ではもう見る事の出来ない情景が写し込まれ一つのドキュメントが有りますね

yyoshikawaさん、そうですね、当時は当たり前の風景でも、今になると「こんな時代もあったんだ」ということはよくありますね。

西部警察DVD版が発売されておりますが
酒田港線での 銃撃戦 爆破が物の見事に
放映されております。臨港線で貨車に乗って舘ひろしが拳銃をぶっ放す画は圧巻でした。

象潟さん、西部警察で酒田臨港線のロケがあったのですか。 太陽に吠えろ世代の私としてはぜひ見てみたいですがDVDの価格が‥。 動画を探して見ます。
結構昔のドラマや映画に今は廃線の現役時代が映り込んでて面白いですね。

象潟さん、猫OGさん、

「西部警察」「太陽に吠えろ」懐かしいです。

当時ドラマの中でなにげなくみていた鉄道風景に今となっては貴重な風景が映っていたのですよね。もう一度みてみたいです。

象潟さん、猫OGさん、KASAさん、懐かしいドラマのお話、ありがとうございます。貴重な風景が写っていそうですね。
個人的には、悪いクセで、ついついアラ探しをしてしまったりします(汗)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/41437001

この記事へのトラックバック一覧です: 酒田 1978/10/1:

« 鶴岡 1978/10/1 | トップページ | 酒田機関区 1980/5/25 »

過去の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ