« 郡家 1979/8/28 | トップページ | 新井 1979/8/29 »

2008年5月24日 (土)

寺前 1979/8/29

浜坂-(612D「但馬2号」)→寺前8:39着/9:35発-(629レ)→新井

612Dはキハ282344、629レはオハ472075に乗車しました。

19790829_2

ごく一般的な配線の駅ですが、姫路からの普通列車の約半分は寺前折り返しとなっており、そのためでしょうか、下り本線にも上り出発信号機が設けられています。
当時の播但線は普通列車の約6割が客車列車という客車天国でした。

0119790829a1
姫路方です。
3番線の列車は9:15発の632レ寺前始発姫路行きです。
その隣の50系は、おそらく12:04発の634レ姫路行きになるものと思われます。

0219790829a2
和田山方です。

0319790829a3
和田山方からです。

0419790829a4
和田山方からです。50系客車への置き換えが進んでおり、両数的にはすでに50系が過半数を超えていました。

0519790829a5

0619790829a6
このような小さな駅に機関車が連結された客車編成が2本も並んでいるのはちょっと違和感があります。

0719790829a8

0819790829a10
砕石の積み込み設備も設けられています。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 郡家 1979/8/28 | トップページ | 新井 1979/8/29 »

コメント

毎夜の更新をいつも楽しみにしております。
2番線の入進出はどのように行われていた
のでしょうか?配線図を見た限りでは通常は
使用されないような気がするのですが・・・
係員による入換扱いで行われてたような・・・?
自分の勝手な妄想で申し訳ありません。

コメントありがとうございます。
(ブログの内容が内容だけになかなかコメントをいただけないんですよね~。皆さん、もっとコメント下さい~~。)

「2番線」ですか?「2番線」は上り本線ですから和田山方の場内信号機4Lで進入し、姫路方の出発信号機2Lで進出します。

多分違いますよね?
50系が止まっている「4番線」のことでしょうか?
「4番線」は側線ですから列車が直接発着することはできません。姫路方から場内信号機2Rで1番線もしくは3Rで3番線に到着した列車を係員の誘導による入換で進入させます。出発時は同様に入換で2番線もしくは3番線に転線させた後出発信号機2Lもしくは3Lで出発します。
全く「妄想」ではありませんよ。

こんばんは、お返事ありがとうございます。

>>多分違いますよね?

合ってます、すみません(^^

場内信号機4L=2RTの進路 同5L=5LTの
進路と解釈してました。
なぜかと言いますとウィキペディアに1番線は
一線スルーとして使用と記述されてるからです
(当然ながら訪問された時と現在とではかなり
変更されてるのでしょうが)

>>姫路方の出発信号機2Lで進出します。

ダンプが踏切を横断してるむこうの信号機ですね。配置からして私にはそれぞれ2L=5LTの出発,
3L=4番線の出発と思ってました。
生半可にウィキペディアの記事を見たので
余計に頭が混乱しておりました。

モヤモヤが解けてスッキリしました。
どうもありがとうございます。

そうですよね~、本当は連動図表の「表」のほうがないと正確な進路は判断できないのですが、4LTは4Lの進路でしょうし、和田山方の転てつ器13、14の定位が4LT側ですので、この時代は一線スルーではなかったようです。
Wiki見ました。ずいぶん変わってしまったようですが(当たり前)、跨線橋は昔のままのようですし、砕石の積み込み用のやぐら(?)は残っていますね。

 おはようございます、又現れた奥野君です。
 私ブログにコメントありがとうございます〜〜 
 でしつこくも今度は寺前〜〜 まだ砂利積み込み施設は現役でしたが、赤い電車には似合わないですね。
 次は飾磨港線かな(笑)
 ではでは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/41302782

この記事へのトラックバック一覧です: 寺前 1979/8/29:

« 郡家 1979/8/28 | トップページ | 新井 1979/8/29 »

過去の記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ