« 富山港 1979/10/5 | トップページ | 競輪場前 1979/10/5 »

2008年5月11日 (日)

岩瀬浜 1979/10/5

大広田-(141M)→岩瀬浜12:25着-(徒歩)→競輪場前

19791005

富山港線の終点で、富山造船、東洋ソーダ、新日本化学といった専用線がありました。
本線と1番線の2本の本線があり、1番線に進入する場合は常に警戒信号での進入となっています。

0119791005f1
富山方です。

0219791005f3
富山方からです。

0319791005f4
141M折り返しの140Mです。クモハ73117+クハ79920です。

0419791005f5
終端側です。

0519791005f6

0619791005f8
ホームのない1番線にも架線が張られています。
富山港線には電気機関車は入線しませんので、架線を張った理由は1番線に電車を入れるためだと思われるのですが・・・。異常時対策でしょうか。

0719791005f9

0819791005f7
終端側です。かつては左側にも線路があったのでしょうか。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 富山港 1979/10/5 | トップページ | 競輪場前 1979/10/5 »

コメント

この終着駅から先にのびる貨物線がどこまで続いていたのか・・・
長年の疑問が解けました。
意外と短かかったのですね。
海までつながっていたのかと思っていました。

 富山港線は元々富岩電鉄時代より電化されていた電気機関車も保有しており副本線にも架線が張られていて当然の筈 戦後貨物はDL牽引に代わり必要無い線は架線を外したのではと思います

y yoshikawaさん、おっしゃる通りかつては架線が張られていたと思われるところは他にもあるのですが、岩瀬浜駅の場合は結構架線が新しそうに見えるので不思議なんです。

岩瀬浜駅は国鉄に買収された昭和18年に現在地より200メートル手前になっています。当時の資料から岩瀬浜は県内屈指の海水浴場で割引券も販売されていましたが現在の駅から北側に交通量の多い道路に面していると直角に近いので将来を見越して移転しています。
昭和34年までは富岩鉄道から富山地方鉄道富岩線から国鉄富山港線の経緯から電気機関車を使用していますけど比較的に新しいことから非常時か、架線の電気検測車の退避用、死電が設定されていることから落雷により高電圧の逃げ道用などが考えられます。

つるたまさん、シロートには思い浮かばないような理由で架線が張られているんでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/41168707

この記事へのトラックバック一覧です: 岩瀬浜 1979/10/5:

» 線路巡礼:岩瀬浜駅(大貨物線の一部を形成していました) [線路巡礼(LUNの歴史を記録します)]
富山港線岩瀬浜駅。 1986年8月19日、北陸大巡礼の時に訪れました。 富山駅5:57→岩瀬浜駅6:15 当時、終点岩瀬浜駅のすぐ先には、道路を隔てて細長い空地がありました。 富山港線のレールは、その空地につながっていました。 途中に踏切があったと思いますが、そこは撤去済みでした。 レールは、左側に曲がって途絶えていましたが、その先には港が見えていました。 昔は立派な貨物駅があったのでしょう。 2004年8月、ライトレール化(要するに廃止ですね)の話もあり、久々に再訪しま..... [続きを読む]

« 富山港 1979/10/5 | トップページ | 競輪場前 1979/10/5 »

過去の記事

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ