« 多治見機関区 1979/12/25 | トップページ | 名古屋 1979/12/26 »

2008年3月31日 (月)

新守山 1979/12/25

多治見-(678M)→新守山16:48着/17:10発-(744M)→名古屋

夕方でしたので写真は撮れませんでした。訪問は明るいうちでないといけません。

Photo

とにかく変わった線路配線の駅です。
かなり規模の大きい貨物扱い設備があるのですが、上り貨物列車の解結作業に特徴がありそうです。
想像するに、入換機が連結する貨車を上り2または3番線に据付け、上り貨物列車の牽引機が入換を行った後に解放された貨車を連れて戻る・・・・ではないかと思われるのですが、実際に見ていないのでなんとも言えません。
せっかく現地に行っているのに実際の作業を見ていないのが悔やまれます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 多治見機関区 1979/12/25 | トップページ | 名古屋 1979/12/26 »

コメント

古い記事にレス
新守山駅は実際貨物関係のほうを訪れたことがありません
共和駅に勤めていたとき新守山駅構内指導掛から転籍された先輩がいてお話を聞いたことがある程度です
この駅の配線図では見えない特徴は上下本線と副本線その間の留置線辺りが築堤上に配置されていて36から33にかけて築堤を降り
貨物ヤード全体が地平にあることです
コンテナ車も扱う大規模な配線でここも入替専用として稲沢からDLが来ていたと思います
上下線下を潜って工場まで引かれていたのがアサヒビール専用線
ビールはこの駅の最大の発送貨物です

私も知らないですが
解結作業はおそらく管理人さんが想像していたとおりではないでしょうか?

新守山駅を訪れたときはすでに暗くなっていたのですが、高いホームから低い貨物側線を見下ろした記憶があります。
もともと築堤であったところに貨物取扱駅を設けたためこのような特殊な状況になったのでしょうか。

多治見駅で書き込んだ者です。
新守山駅、毎日通過していましたが、貨物の入れ替えはあまり注意いませんでした。
ヒデヨシ様の書き込まれた通り、アサヒビールの専用線があったため、大量のビールケースが山積みになっていたのが印象的でした。
この駅、中央西線、名古屋-塩尻間では、現時点で最も新しい駅だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/40707412

この記事へのトラックバック一覧です: 新守山 1979/12/25:

« 多治見機関区 1979/12/25 | トップページ | 名古屋 1979/12/26 »

過去の記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ