« 盛岡客貨車区 1978/7/16 | トップページ | 陸前山王 1978/7/19 »

2008年3月17日 (月)

宮古 1978/7/18

釜石-(633D)→宮古14:14着/15:28発-(4614D「陸中2号」)→岩手船越

197807182

超がつくほどのローカル線(当時4往復)宮古線の分岐駅であるほか、宮古港駅への貨物支線とラサ工業の専用線も分岐しています。
宮古線の分岐はいかにも後から付け足したような形態です。
宮古機関区が設けられていますが、車両の配置はありません。配線図には転車台が見当たりませんが、かつては存在したものと思われます。

19780718miyako01
盛岡方からです。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 盛岡客貨車区 1978/7/16 | トップページ | 陸前山王 1978/7/19 »

コメント

初めまして。
偶然にこのブログを見つけました。
岩手県宮古市の出身者です。
掲載されている宮古駅の写真が懐かしいです。
写っている機関区の建物や踏切は今はありません。
それで、お願いです。
自分のサイトのトップページに、この写真を載せたいのですが、お借りすることはできますでしょうか?
どうぞ宜しくお願いいたします。

じんさん、コメントありがとうございます。
今は踏み切りもなくなっちゃったんですか。
写真は、こんなものでよろしければお使いいただいて構いませんので、どうぞ。

ありがとうございます。
お借りします。
写真にネームを入れるとしたら、f54560zgさんでいいですか?

宮古駅の西側にあったこの踏切は、「女学校踏切」という名称でした。
踏切を渡った写真右の方向に、かつて県立宮古高等女学校があったからです。
1994年(平成6)に線路を跨いで「出逢い橋」という高架橋ができて、踏切は閉鎖されました。
機関区の車庫のところは駐車場になりました。
写真の頃とは、だいぶ変わってしまいましたね。

じんさん、名前はf54560zgでOKです。
個人的には線路や機関庫などの周辺の設備がなくなって寂しい限りですが、跡地を有効に活用してほしいです。

昭和50年代に冬偶然宮古に旅行で一泊 駅に着いて下車後駅の回りを探検すると高い防波堤の脇に臨港線が有るので父親と線路伝いに行ってみる事にしました丁度臨港線からそこそこな長さの貨物列車が宮古駅にやって来ましたので期待しました 途中チリ地震津波の記念碑が建てました 港は以外に近く直ぐ付きました 臨港線としてはそんなに大規模では無く 如何にも模型的な配線でとても楽しかった 末端は木材の埠頭線と一般貨物の埠頭線の二つに別れてました 高台に上がると臨港線全体を一望出来ました臨港線の一角にはラサ工業の鉱石ホッパーも有りました(鉱石はトラックで運搬するらしく線路は有りません)当時こんな小さい臨港線でも多数の貨車が留置されてました 3.11の震災の折宮古も津波に襲わ多大な被害をこうむったとTVニュースで報道され町や泊まった旅館も被害に合ったと思うと心が痛みます

y yoshikawaさん、宮古の臨港線は貴重な体験ですね。津波からの復興を切に願います。

宮古のラサ工業の専用線は駅間で唐突に分岐していたのを車窓から確認してました
宮古駅から約1.5~2km位離れていたと思います
ラサ工業への貨車出し入れは宮古で仕立てて小運転扱いで運用していたのでしょう 臨港線と同じ様に
ラサ工業には工場内の入れ替え用に国鉄払下げのC10形機関車を使用してました(当時既にC10形は略絶滅状態の形式でした)後に大井川鐡道に引き取られ動態保存されたのは御承知と思います
嘗て宮古は臨港線も有り山田線の主要駅としての位置付けの駅であり機関区や客車区ラサ工業や臨港線関係の小ヤードも有る其れ也の規模に駅でした

yyoshikawaさん、この時は駅周辺しかウロウロしなかったようで、臨港線とかラサ工業線などにも行っておきたかったです。後悔です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/40540918

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古 1978/7/18:

« 盛岡客貨車区 1978/7/16 | トップページ | 陸前山王 1978/7/19 »

過去の記事

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ