« 西若松 1979/7/20 | トップページ | 只見 1979/8/7 »

2008年2月 6日 (水)

大白川 1979/8/7

小出-(426D)→大白川6:31着/10:15発-(428D)→只見

列車本数が少ないので次の列車まで3時間以上も待たされてしまいました。
このような山の中の駅で時間をつぶすのには苦労しました。

197908072r_2   

長い間終端駅であったものが只見線全通により中間駅となりました。
転車台はその名残でしょうが、それ以外はあまり終端駅であったことを感じさせるものはありません。

19790807ooshirakawa01
乗ってきた426Dです。521+23510+5218です。

19790807ooshirakawa02
大白川で交換する421Dです。58系3連+55260+519です。

19790807ooshirakawa03
転車台は保守用車置き場になっていました。

19790807ooshirakawa04
小出方からです。実にコンパクトな駅です。

19790807ooshirakawa05
小出方です。この時点での貨物扱いは専用線貨物のみで、車扱貨物はすでに廃止されていました。

19790807ooshirakawa06
会津若松方です。

19790807ooshirakawa07
幅の狭いホームです。右にはボンネットのトラックが見えます。

19790807ooshirakawa08
駅本屋です。この時点でも十分「レトロ」でした。

19790807ooshirakawa09
小出方です。

19790807ooshirakawa10
ホキの手前に脱線器と脱線転てつ器標識が見えます。
只見線は右にカーブして川を渡って会津若松に向かいます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 西若松 1979/7/20 | トップページ | 只見 1979/8/7 »

コメント

懐かしい。
転車台もその奥のチップ工場もまだあった時ですね。

名無しさん、チップ工場は現役でしたね。いっぱい時間があったのだからもっと近づいて写真を撮っておけばよかった・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/40018162

この記事へのトラックバック一覧です: 大白川 1979/8/7:

« 西若松 1979/7/20 | トップページ | 只見 1979/8/7 »

過去の記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ