« 陸中花輪 1982/3/23 | トップページ | 東浦 1979/12/24 »

2008年1月26日 (土)

十和田南 1982/3/23

陸中花輪-(927D)→十和田南9:46着/11:10発-(1929D)→大館

配線図がありませんので写真のみ掲載します。

19820323towadaminami01
好摩・大館方です。

19820323towadaminami02
十和田南駅はスイッチバックの駅です。
左が好摩方、右が大館方です。

19820323towadaminami03
好摩・大館方からです。

19820323towadaminami04
好摩・大館方からです。

19820323towadaminami05
終端側です。

19820323towadaminami06
終端側です。

19820323towadaminami07
終端側からです。

19820323towadaminami08
スイッチバック駅ですので当然転車台が設けられていました。
もちろんすでに使用されることもなく、雪捨て場と化していました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

« 陸中花輪 1982/3/23 | トップページ | 東浦 1979/12/24 »

コメント

会津若松もそうですが其れ程急な勾配区間で無いのにスイッチバックする駅を鐵道史料でS形ステーションと言ってました
①或る所迄路線を伸ばして来たが何等かの地理的条件で其の儘では延伸不可能な状況で迂回の為スイッチバックせねばならない
②建設当初は其処が最終目的地であった其の為頭端駅として建設されたが其処から更に延伸する計画が持ち上がり仕方なくスイッチバックして先へ向かう
③当初神社仏閣等への参拝の為二方向より線路を建設したが戦時中に不用路線に指定され鉄材供出の為撤去其の後再度路線復活されずにスイッチバックとなってしまった
④用地取得難で仕方なくスイッチバックせざるおえない
等の理由からS形ステーションが発生するのでしょう

yyoshikawaさん、十和田南駅のような完璧な中間駅の方向転換駅って珍しいですよね。始発・終着列車も設定されていないようですし。

同和鉱山小坂では1960年代に新たなる黒鉱鉱床を発見その輸送の為当時設備的に古くなっていたナローゲージの小坂鉄道での輸送を如何すか同和鉱山は検討した 
⓵在来のナローゲージ線の改軌
②自動車輸送に転換
③十和田南への新線建設
結局在来線の改軌で賄う事で対応
其の後の状況の変化で小坂鉄道は廃止され現在はトラック輸送に変換されました

yyoshikawaさん、小坂鉄道が十和田南駅に接続することを検討していた時期があったんですね。情報有難うございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506157/17849238

この記事へのトラックバック一覧です: 十和田南 1982/3/23:

« 陸中花輪 1982/3/23 | トップページ | 東浦 1979/12/24 »

過去の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ