2018年10月13日 (土)

矢板の可動クロッシング分岐器

以前矢板駅での入換風景の動画をご紹介しましたが、これに関して名無し信通区さんから以下のコメントをいただきました。

-------------------------
4:55あたりから上下本線間の渡り線(25号)が映っていますが・・・可動クロッシング!!
新幹線の分岐器をそのまま狭軌にしたようなタイプですね。

国鉄在来線に新幹線型の可動クロッシングが存在したのははじめて知りました。

#先日UPされた配線図も、よく見ると最後のもの(1980年)は25号が4動の表記になっていますね
------------------------- 

その時の動画がコレ。

01_1_20180926_2202

02_2_20180926_2203
画像が粗いのでクロッシング部そのものはあまりハッキリしませんが、通常の固定のクロッシングでは存在するはずのない電気転てつ器が確認できますね。ガードレールも設けられていないようです。
私自身は全く気付きませんでしたので、これを見つけた名無し信通区さんはすごいとしか言いようがありません(汗)。

配線図を見てみます。

06198003
注目は青森方(図の右方)の上下線間の渡り線です。

071980031a
名無し信通区さんのコメントの通り、1つの分岐器に対し下り線側には「25イ」「25ロ」、上り線側には「25ハ」「25ニ」とそれぞれ2つづつの転てつ器の番号が記載されています。

気になったので2013年4月13日に行ってみました。

03p1060898
これがその問題の渡り線です。枕木が置かれて使用停止になっていますが、線路としてはまだ残っていました。

しかしながら問題のクロッシング部分は、

05p1060889
下り線側がこんな感じ。

04p1060886
上り線側はこんな感じ。

いずれも普通の固定クロッシングになっていました(泣)。

まあずいぶんと時間が経っていましたので当然といえば当然かもしれませんが、結局のところは単なる無謀な再訪に終わりました。

配線図はT.Mさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

«岡本 1987/10/17 その2

過去の記事

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ