2018年8月17日 (金)

岡山操車場配線図

岡山駅に続いて岡山操車場です。

最初に岡山操車場の歴史を、「停車場変遷大事典」(※1)、「鉄道による貨物輸送の変遷」(※2)及びWikpedia(※3)から調べてみます。

・1925年 岡山操車場開設(※2) 
・1942年 宇野短絡線開通、岡操口信号場開設(※1)
・1945年 岡山操車場開設(※1)
・1953年 抱き込み式化(※2)
・1956年 岡操口信号場廃止(※1)
・1969年 西岡山駅開業(※1)
・1990年 岡山操車場が西岡山駅に統合(※1)
・2016年 西岡山駅が岡山貨物ターミナルに改称(※3)

※1と※2とで岡山操車場開設の時期が違っています。操車場自体は1945年以前から稼働していたと思われますが、ひょっとしたら当初は岡山駅所属だったのかもしれません。

それでは配線図です。まずはこの図。

194200r
・いつ頃の図かがわかっていないのですが、着発線や仕訳線が抱き込み式にはなっていませんので、1942年から1953年の間ではないでしょうか。
・貨物列車の着発線はいくつかに分散配置されています。山陽線下りは到着線と出発線が直列的に配置されており、山陽線上りは着発線としてまとめられています。このほか宇野線の着発線がこれらとは別の場所に設けられており、また岡山駅とを結ぶ小運転列車の着発線もあります。

続いて1958年4月。

195804r

・大きく改良が行われて抱き込み式になりました。
・着発線もまとめられました。宇野線の着発線は山陽線下り着発線と並べて配置されています。

続いて1966年3月。

196603r
・門司方に伯備出発1・2番線という本線が増設されていますね。

続いて1969年4月。

196904r

・ほとんど変わっていませんが、1966年では山陽上り線と岡山運転区通路線が立体交差であったものが平面交差になっています。ちょっとアヤシイですね。

続いて1986年4月。2つの図があります。一つ目はコレ。場内信号機が描かれていません。

198604a11r

198604a12r

198604a2r

もう一つの図はこちら。入換信号機が描かれていません。

198604b1r

198604b2r
・西岡山駅が開業しています。
・これに関係して、以前3RT生さんからコメントを頂いた通り、門司方に高架の貨物折返線が設けられています。
・この折返線にやって来る車両はどこからきてどこへ向かうのでしょうか。西岡山駅側は西岡山南通路線~授受1~5番線だと思うのですが、操車場側は西岡山北通路線?それとも上り貨物1~5番線? 両方ともアリでしょうか。
・高架橋がいきなり行き止まりになる形態は珍しいですよね。東鷲宮の保守用通路線にもありましたが、こちらは途中で改良が行われて変更が生じた結果です。
・またこの高架橋、使用されたのは20年くらいではないでしょうか。なんとなく浜川崎駅の高架橋と同じような匂いを感じてしまいます(汗)。
・また、着発線がさらに増設されています。下り本線の外側に下り1・2番線、門司方に西下り2・3番線、上り着発線と直列的に西上り1番線が設けられています。下り貨物に関しては下り1・2番線を介して西岡山駅に直接出入りできますので、先の高架の貨物折返線を利用するのは上り貨物のみでしょうか。

最後に1992年4月。

199204r


・岡山操車場が西岡山駅に統合されて着発線荷役方式になっています。
・線路の数は大幅に減ってしまいましたが、効率的な配線になったのだと思います。

配線図はT.Mさん、KASA及びSYさんよりご提供いただきました。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

«岡山配線図

過去の記事

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ