2017年7月22日 (土)

貨物列車ネタ3(寄り道する列車)

今回は、「幹線から分岐する支線上にある貨物駅に寄り道をする貨物列車」に関するお話です。旅客列車ではあまり見かけないパターンですね。
ここでご紹介する具体的な寄り道先の実例は神戸港駅、大阪貨物ターミナル、名古屋貨物ターミナルです。

1.神戸港駅
'80貨物時刻表では神戸港駅に寄り道をする貨物列車は見当たりませんで、神戸港駅を通る貨物列車はすべて神戸港駅もしくは湊川駅を始発または終着としています。
ところが'82貨物時刻表では寄り道する貨物列車が登場します。
具体的には以下の5本です。
①673列車 吹田操→神戸港→岡山操
②677列車 吹田操→神戸港→岡山操
③977列車 吹田操→神戸港→姫路
④1292列車 姫路→神戸港→吹田操
⑤4962列車 米子→神戸港→吹田操
寄り道の際の分岐は東灘信号場です。
いずれも一般の貨物列車のようで、コンテナ列車ではありません。
ここで気になるのが列車番号です。貨物時刻表を見る限り寄り道の前後で列車番号が変わっていないんです。
ということは、例えば東灘信号場で考えた場合、
・14時24分に吹田操から673列車が到着して14時27分に神戸港に向けて出発
・16時16分に神戸港から673列車が到着して16時31分に岡山操に向けて出発
ということになるわけで、これってルール違反じゃないの?という気もします。
その後の貨物時刻表でも寄り道列車は掲載され、2002貨物時刻表では7本のコンテナ列車が確認できます。やはり列車番号は変わりません。
その後2003年に神戸港駅自体が廃止されてしまったため、神戸港駅寄り道列車は姿を消してしまいました。

2.大阪貨物ターミナル
1982年(昭和57年)の開業以来しばらくの間は貨物時刻表では寄り道する貨物列車は確認できませんでしたが、2002貨物時刻表では寄り道列車が掲載されています。
①3094~75列車 金沢→大阪貨タ→高松貨タ
②3074~74~3095列車 松山→大阪貨タ→金沢貨タ
寄り道の際の分岐は吹田信号場です。
神戸港駅の場合と違って大阪貨タを境に列車番号は変わるようになっています。
2009貨物時刻表でも
①3094~73列車 金沢→大阪貨タ→高松貨タ
②3072~72~3095列車 松山→大阪貨タ→金沢貨タ
のようにほぼ同様の状態でしたが、2014貨物時刻表では寄り道列車は見当たらなくなってしまいました。
ただよくよく見ると、
①-1 3094列車 金沢→大阪貨タ
①-2 73列車 大阪貨タ→高松貨タ
②-1 3072~72列車 松山→大阪貨タ
②-2 3095列車 大阪貨タ→金沢貨タ
という列車がほぼ同じ時間帯の運転で掲載されており、つまり大阪貨タを境に2本の列車に分割されたように思えます。
このことについては後述します。

3.名古屋貨物ターミナル
'85貨物時刻表までは寄り道列車は掲載されていませんでしたが、'86貨物時刻表で登場しています。
①2076~3076~4076~4093列車 四日市→名古屋貨タ→泉
②4092~4077~3077~2077列車 泉→名古屋貨タ→四日市
③2094~4095列車 四日市→名古屋貨タ→札幌貨タ
④4094~2095列車 札幌貨タ→名古屋貨タ→四日市
寄り道の際の分岐は名古屋駅です。
大阪貨タの場合と同様名古屋貨タを境に列車番号は変わるようになっています。
その後'90貨物時刻表では
①2092~3092~92~4093列車 四日市→名古屋貨タ→泉
②4092~93~3093~2093列車 日立→名古屋貨タ→四日市
の2本のみとなりましたが、③と④については大阪貨タと同様、
③-1 2094列車 四日市→名古屋貨タ
③-2 4095列車 名古屋貨タ→札幌貨タ
④-1 4094列車 札幌貨タ→名古屋貨タ
④-2 2095列車 名古屋貨タ→四日市
のように名古屋貨タを境に分割されたようです。
その後2002貨物時刻表ではさらに
①-1 2086列車 四日市→名古屋貨タ
①-2 2060~90列車 名古屋貨タ→隅田川
①-3 92~2093列車 隅田川→泉
②-1 2094~91~2061列車 泉→名古屋貨タ
②-2 2085列車 名古屋貨タ→四日市
のように分割され、貨物時刻表の上では寄り道列車は姿を消しました。
なお'86貨物時刻表では四日市←→名古屋貨タの折り返し駅が「笹島」ではなく「名古屋」と記載されており、一瞬 「!?」 と思ったのですが、何のことはない、旧笹島駅の着発線部分も名古屋駅の構内なんですね。

ところで大阪貨タと名古屋貨タの項で書きました「列車の分割」。
このような事例を見ると、「一つの列車と呼ぶことのできる条件」とはいったい何? って思ってしまいますね。
・列車番号が同一であること
は関係ないとして、次に思い浮かぶのは
・大部分の車両が直通すること
なんですが、車両が直通するにもかかわらず別列車として時刻表に掲載されている旅客列車もあります。逆に貨物列車の場合は、始発駅を出た時とは全然違う姿で終着駅に着くものもあります。鉄道でそのような事例があるかどうかわかりませんが、昔バスで、時刻表上は1本の便なのに途中の車庫で車両交換する(すなわち乗客は乗ってきたバスから降ろされて別のバスに乗り換える)といったこともありました。
今回の記事はあくまで「一つの列車が寄り道をする」ことを前提に書きましたが、考えてみるとその「一つの列車」ということがちょっとあいまいで、結局のところ
・時刻表で一つの列車として掲載されていること
ということになるのかな、と思ます(汗)。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

«貨物列車ネタ2(向きを変える列車) その2

過去の記事

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ