2020年7月 3日 (金)

併合閉そく その2

先日併合閉そくの記事を投稿しましたところ、これをご覧いただいたtakezouさんより併合閉そくに関する写真をご提供いただきました。
大変貴重な写真ですので是非ご覧いただきたく、ご紹介させていただきます。
(takezouさんからは以前の発条転てつ器の鎖錠の記事にコメントをいただいております。)
写真についてのコメントもtakezouさんのコメントをなるべく(汗)そのまま記載しています。

まず最初に山田線上米内駅です。
01__
・併合中の上り出発信号機です。
・信号機の使用停止表示灯は、盛岡支社管内では閉そく併合区間の中間駅(腕木式:侍浜、連査・色灯式:上米内)で信号機に閉そく併合時に点灯する小さな白色の×灯を添装していました。
・ただこの写真を見ると、信号機は滅灯していますが×灯は点灯していませんね・・・。

 

続いて木次線、加茂中駅です。
02_
・木次線内の信号てこ扱所のてこ配置はいずれも閉そく併合てこを一番右側に持ってきており、併合てこを中央に置いている侍浜駅のてこ配置と異なっています。これまた興味深いところです。
・第2種機械てこの駒連鎖を考えると、侍浜駅の方が合理的にも思えますが・・・。

 

続いて木次駅です。
03__
・閉そく併合てこは使用中止となっています。

 

続いて出雲三成駅です。
04__
・併合中です。

05__
・併合中の下り出発信号機です。
・木次線出雲三成駅の信号機の使用停止表示灯は、民鉄でよく見かける踏切動作表示灯と同じ巨大なX灯でした。

06__
・閉そく取り扱い中です。

 

最後に福島臨海線宮下駅です。
07____
・併合中の下り場内信号機の下を通過する下り列車です。

08____
・併合中の下り場内信号機の下を通過する上り列車です。

09___
・併合中の下り場内信号機です。
・信号機の使用停止表示灯は白色○灯を添装していました。いろいろなパターンがあり、どのようなルールだったのか・・・。

 

写真はtakezouさんよりご提供いただきました。
ありがとうございます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

«本吉・小金沢・大谷・陸前階上配線図

過去の記事

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ