2017年4月22日 (土)

大宮駅の川越線(貨物線)

信号機の話 その6 の記事で大宮駅の10・11番線の下り出発信号機の写真を掲げたところ、my2000さんより、
「信号機の先のシーサスの10番線→11番線への渡りは何の意味があるのか。10番線から川越方への出発信号機や10番線用の入標も見当たらないので、川越方から10番線への到着進路(場内信号機)があるか、または、川越方の本線上から10番線への入信が存在する、ということか?」
といった趣旨のご質問をいただきました。

これに対する直接的な回答はKASAさんからいただいたコメント通りで、入換標識が陰に隠れていました。

P1040419
この通りです。入換標識による入換作業が行われるのであれば10番線→11番線への渡りが存在する意義はありそうですね。
(最初からこの写真を使えばよかったですね、スミマセン(汗)。)

ただそうはいっても、川越方からの進路がどうなっているのか、という疑問は残ります。
MH80‐C1000さんのおっしゃる通り10番線への進路はなさそうなのですが、じゃあいったいどこなら入れるの?

過去の大宮駅の記事で掲げた1993年3月の配線図を改めて見てみますと

199303a
こんな感じです。ポイントはAの信号機なのですが、残念ながらこの図からは進路はわかりません。信号機自体は1基ですが、進路表示機が設けられているようです。

そこで私が2011年12月11日に大宮駅で撮影した写真及びYouTubeにアップされている前面展望動画をもとにいろいろ調べてみることにしました。

結論として作成できた図面は以下のようです。

2011mr1_2

・問題はAの信号機なのですが、前面展望動画によって進路表示機を含めた後ろ姿は確認できるものの正面からの姿は確認できませんでした。
・次に10番線~13番線の東京方の様子を見てみますと、11番線~13番線には列車停止標識が設けられているのが確認できます。10番線には見当たりません。

P1040404tm

P1040409m

P1040414

従って川越方からの進路は11番線~13番線の3進路となるのではないかと思われます。

川越方からの進路についてはこれで解決したと思ったのですが、前面展望動画を見ているうちにさらなる「?」が出てきてしまいました。

2011mr2

Bの位置にある信号機、背板が長方形なんです。つまり遠方信号機なんですね。

人様の動画を勝手に引用して申し訳ないのですが(汗)、
https://www.youtube.com/watch?v=2uBS73xXmgI
の19分15秒あたりで確認できます。

そこで改めて12番線・13番線の出発信号機を見てみますと、

P1040424
真ん中のYの部分がふさがれています。つまりこの信号機はおそらく半自動(保留)の信号機だと思うんです。

遠方信号機があって、半自動(保留)の信号機がある、ってことは、(狭義の)自動閉塞ではないってことですよね。単線自動閉塞(特殊)とか特殊自動閉塞とか。この区間に軌道回路が設けられているのであれば、さほどの長い区間ではありませんので結果的には自動閉塞になってしまうと思われますので、そうなってはいないところを見ると川越線時代の名残で軌道回路が設けられていないのではないか、と思ってしまいます。

それに、そもそも11番線~13番線から川越線に合流するこの通路線、大宮駅の構内ですよね? 自動閉塞の駅の構内に自動閉塞以外の線路があるってのはどういうこと? 軌道回路はどうなっているの? ちょっと混乱してしまいます。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
バックナンバーはこちらからどうぞ。

«会津若松 1990/6/16 動画 その1

過去の記事

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ